本文へ

ホーム > 研究紀要

研究紀要 | 森永エンゼル財団の活動は、「余暇時代の生活文化」と「家族のあるべき姿」を探ることです。よりよい社会を目指すための研究を紹介します。

森永エンゼル財団の活動は、「余暇時代の生活文化」と「家族のあるべき姿」を探ることです。よりよい社会を目指すための研究を紹介します。

研究紀要について

研究紀要について

本研究紀要の目的について。当研究所の未発表の研究成果、及び当研究所の研究スタッフが折々に、学会、学会誌、研究会等で発表した成果物について、順次発表していきます。

松田義幸

脱産業社会に向けての課題(6)

脱産業化に向けての課題

バブル経済崩壊後、余暇行政は話題にすらならなくなった。政府のどの官庁も、また都道府県も、市町村も、余暇行政を表舞台からすっかり降ろしてしまった。しかし、あの石油危機以降の大量失業問題に直面した欧米諸国はその逆であった。

松田義幸

魔女(ヴィーナス)はなぜ山羊(パン)を好きなのか

魔女(ヴィーナス)はなぜ山羊(パン)を好きなのか

ピーターパンの謎を、ヨーロッパの博物館・美術館めぐりや研究交流を通じて解明してゆく過程を描く。

松田義幸

古代母権制社会研究の今日的視点

古代母権制社会研究の今日的視点

今日の混迷する世界と社会問題の核心をとらえる、解決の手がかりとして、母系・女家長制の古代母権制社会の根源的宇宙観を思索する。

松田義幸、江藤裕之

ページのトップへ戻る