本文へ

ホーム > 食育

子どもと学び | 食育

食をとりまく環境は変化しています。食べものについて学ぶことでさらにおいしく感謝して食べられます。

近代における「食」、その産業と文化 〜塩のあゆみ〜

食の文化誌、お菓子の歴史

近代における「食」、その産業と文化 〜塩のあゆみ〜

日本の近代化の過程で大きな変化をみせた「食」に関わる産業と文化。今回のフォーラムでは、塩に焦点をあて、近代産業として発展していく過程やその意義について考えます。

落合功、野秋誠治

講演会「ミルクキャラメルの物語」

食の文化誌、お菓子の歴史

講演会「ミルクキャラメルの物語」

暮らしの中でミルクキャラメルはどのように受け入れられてきたのでしょうか。

野秋誠治

明治時代嗜好品『ことはじめ』~ビール・乳製品のあゆみ

食の文化誌、お菓子の歴史

明治時代嗜好品『ことはじめ』~ビール・乳製品のあゆみ

私たちが嗜好品としてとらえているものは、西洋由来のものが多く、当初は、輸入品から始まりました。今回は、嗜好品のなかでも、ビールと乳製品に焦点をあてて、日本での普及と産業化の過程を考えてみたいと思います。

江原絢子、牛米努、佐藤奨平

和菓子と西洋菓子の出会い

食の文化誌、お菓子の歴史

和菓子と西洋菓子の出会い

佐賀県立博物館で開催された「生誕150年記念 森永太一郎展」で、「和菓子と西洋菓子の出会い」をテーマにフォーラムが開催されました。

講師・パネラー:八百啓介、パネラー:上野晶子、村岡安廣、前田英宣、コーディネーター:山本長次

おやつ、地域の食

食の文化誌、お菓子の歴史

おやつ、地域の食

都市部のおやつと農村のおやつはどう違うのか。また、同じ農村でも、地域によっておやつの素材や調理法はどう異なるのか。日本のおやつ文化がもつ豊かな地域性について考えます。

江原絢子

おやつ文化の未来

食の文化誌、お菓子の歴史

おやつ文化の未来

おやつに焦点をあてると見えてくる、子どもたちの豊かな世界。そして江戸時代以降のおやつの変遷をたどりながら、これからの時代にも欠かせない、おやつの意味と働きについて考えます。

天野正子

ページのトップへ戻る