本文へ

ホーム > 西洋の古典

グレート・ブックス | 西洋の古典

『神学大全』や『神曲』はヨーロッパ文化に大きな影響を与えた古典です。それらを通して西洋文化を見つめます。

自分史の回想と展望

自分史の回想と展望

自分史の回想と展望を切り口に2014年9月に開催されたフォーラムの模様。

樺山紘一、田中英道、松田義幸、司会進行:徳山郁夫

稲垣良典 トマス・アクィナスに学ぶ

トマス・アクィナス『神学大全』

稲垣良典 トマス・アクィナスに学ぶ

中世哲学の第一人者、稲垣良典(九州大学名誉教授)が語る、トマス哲学の魅力と現代人へのメッセージ

稲垣良典

現代への挑戦の書『神学大全』-みんなのためのトマス・アクィナス-

トマス・アクィナス『神学大全』

現代への挑戦の書『神学大全』-みんなのためのトマス・アクィナス-

トマス・アクィナス『神学大全』全巻の邦訳事業が完成したことを記念する特別フォーラムの模様。

稲垣良典、渡部昇一

芸術都市の誕生

芸術都市の誕生

芸術都市の誕生

「芸術都市はいかにして生まれるのか」。ユネスコの世界遺産プロジェクトを切り口に、芸術都市の条件について考えるミニフォーラム。

松田義幸

精神と音楽の交響 (4)

精神と音楽の交響

今回のダンテフォーラムでは音楽美学の意義と思想性について考えるとともに、イタリア・クラシック音楽の美しい演奏を楽しみます。

今道友信、三村利恵、司会:松田義幸

『神学大全』と『神曲』の対話 (6)

トマス・アクィナス『神学大全』

『神学大全』と『神曲』の対話

中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な背景について理解を深める。

稲垣良典、今道友信、樺山紘一、コーディネーター:松田義幸

第15回 天国篇(5)

ダンテ『神曲』 連続講義

ダンテ『神曲』

連続講義の最終回は『神曲』全体の構造と天国全体の構造を講義していきます。特に第六天(木星天)、第十天(至高天)について詳しく論じます。そして、「天国は、祈りつつ考える場所であるのだ、ということを、われわれはダンテから教わることになるのではないかと思います。」で結ばれます。

今道友信

ページのトップへ戻る