本文へ

ホーム > 西洋の古典 > フィレンツェ、その文化に学ぶ > フィレンツェ-至高の文化の誕生 (8)

フィレンツェ-至高の文化の誕生 (8)

フィレンツェ-至高の文化の誕生 (8)

第3回 ダンテからロダンへ

講演 ダンテ『神曲』の現代的意義

day3_imamichi

英知大学教授・東京大学名誉教授
今道友信

 

※以下のテキストは、フォーラム当日、参加者に配布された今道友信の手書きのレジュメ資料をもとに作成したものです。

1.DanteからRodinへ


(再生時間 7分9秒)

firenze_shikou07

2.Danteからの五つの引用と一つの記憶


(再生時間 17分27秒)

firenze_shikou08

2.Danteからの五つの引用と一つの記憶 2


(再生時間 16分17秒)

firenze_shikou09

3.ダンテの現代的意義/4.結び


(再生時間 6分29秒)

firenze_shikou10

コンテンツ名 ダンテフォーラム「フィレンツェ―至高の文化の誕生」(全3回)
収録日 2004年12月5日
講師 今道友信

会場:東京都美術館講堂
主催:財団法人エンゼル財団・日本経済新聞社・東京都美術館
収録映像:著作権者 財団法人エンゼル財団
本コンテンツでは、2004年10月~12月、東京都美術館で開催された「フィレンツェ―芸術都市の誕生展」を記念して行なわれたダンテフォーラム「フィレンツェ―至高の文化の誕生」(全3回)の模様を配信しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る