本文へ

ホーム > グレート・ブックスとは > 古典の力、読書の意味 > 百人一首遊びから源氏物語へ

百人一首遊びから源氏物語へ

百人一首遊びから源氏物語へ

子どもから大人まで、遊びを通じて古典文学に親しむことのできる百人一首かるた。その面白さや奥深さを、英語教育や異文化学習に活かすことはできないか。新しくはじまった英語百人一首の教材開発と特別授業の事例を報告します。
このフォーラムでは、図書館や社会教育施設、学校の活性化を、グローバルな異文化交流を視野に入れて、皆さんと共に具体的に考えていきたいと思います。

講師:
坂井岳志 日本教育情報学会理事
奥村準子 筑波大学附属高等学校教諭、全日本かるた協会公認読手
岸上英幹 日本先端メディア外国語教育センター理事

司会 : 犬塚潤一郎 実践女子大学教授

 

目次

フォーラムのはじめに(7分3秒)
犬塚潤一郎 実践女子大学教授

百人一首遊びから源氏物語へ(17分10秒)
奥村準子 筑波大学附属高等学校教諭、全日本かるた協会公認読手

英語百人一首とは(11分41秒)
岸上英幹 日本先端メディア外国語教育センター理事

百人一首ソフトの開発(13分51秒)
坂井岳志 日本教育情報学会理事

百人一首遊びから源氏物語へ まとめ(12分12秒)
奥村準子 筑波大学附属高等学校教諭、全日本かるた協会公認読手

フォーラムのまとめ(4分4秒)
犬塚潤一郎 実践女子大学教授

ドキュメンタリー 英語で遊ぶ百人一首(9分17秒)

関連番組

 

図書館総合展フォーラム|百人一首遊びから源氏物語へ

Ⅰ.フォーラムのはじめに

犬塚潤一郎 実践女子大学教授

 

Ⅱ.百人一首遊びから源氏物語へ

・アクティブ・ラーニングと古典の学び
・競技かるたの海外普及活動
・海外における「競技かるた」ムーブメント
・高校生の英語版「小倉百人一首かるた」体験

講師:奥村準子 筑波大学附属高等学校教諭、全日本かるた協会公認読手

 

Ⅲ.英語百人一首とは

・なぜ、英語で読むのか
・「百人一首」 を英語に翻訳した人々
・何故、クレイ・マッコーレー訳か?
・「百人一首の授業」から見えてきたものは…

講師:岸上英幹 日本先端メディア外国語教育センター理事

 

Ⅳ.百人一首ソフトの開発

・百人一首・詠みあげ用ソフトの開発
・日本語+英語+米語 詠みあげソフト
・ソフトの目指すものは…
・二つの感覚認知の統合

講師:坂井岳志 日本教育情報学会理事

 

Ⅴ.百人一首遊びから源氏物語へ まとめ

・教材としての「小倉百人一首」
・教材としての「源氏物語」
・グレート・アイディアズ(日本古来の「根生いの心」)
・巻「澪標」を例に ~光源氏と明石の君の贈答歌~

講師:奥村準子 筑波大学附属高等学校、全日本かるた協会

*“魂の感染教育” 参考url
源氏物語全講会 第35回 「若紫」より その2
http://angel-zaidan.org/genji/035/
「14.さらばその子なりけり、と、おぼし合はせつ。」(5分52秒~8分22秒)

 

Ⅵ.フォーラムのまとめ

犬塚潤一郎 実践女子大学教授

 

ドキュメンタリー 英語で遊ぶ百人一首

百人一首かるたを英語で遊ぶとどうなるか。古典文学と英語を同時に学ぶという、ユニークな教材開発の現場を取材しました。

協力:
奥村準子、柏木 功、岸上英幹、坂井岳志
世田谷区立八幡小学校
筑波大学附属高等学校のみなさん

企画:森永エンゼル財団 エンゼル学芸研究所
取材:熊倉次郎

 

関連番組

今に生きる江戸のかるた遊び (1)

岡野弘彦「源氏物語全講会」

 

コンテンツ名 図書館総合展フォーラム|百人一首遊びから源氏物語へ
収録日 2016年11月10日
講師 坂井岳志、奥村準子、岸上英幹、犬塚潤一郎

会場:パシフィコ横浜
主催:一般財団法人森永エンゼル財団
共催:図書館総合展運営委員会
映像制作:リベラルアーツ総合研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:坂井岳志

日本教育情報学会理事

講師:奥村準子

筑波大学附属高等学校、全日本かるた協会

講師:岸上英幹

日本先端メディア外国語教育センター理事

司会:犬塚潤一郎

実践女子大学教授

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る