本文へ

ホーム > 日本の古典 > 国境を越えた源氏物語 > 源氏物語と根生いの心-世界に響くやまとことばの世界 (3)

源氏物語と根生いの心-世界に響くやまとことばの世界 (3)

源氏物語と根生いの心-世界に響くやまとことばの世界 (3)

講演 世界文学としての源氏物語

watanabe01[1]

渡部昇一(上智大学名誉教授)

  1. 私と『源氏物語』
  2. 世界文学の中の『源氏物語』
  3. A・ウェイリーの名訳はなぜ生まれたか

1.私と『源氏物語』


(再生時間 8分47秒)

・上智大学の学生時代に読んだ『源氏物語』
・論文「『源氏物語』にあらわれたる女性観について」
・紫式部の女性観は保守的

・『源氏物語』を愛読していた徳川家康
・大名の娘の嫁入り道具に写本を持たせる

・和文脈と漢文脈/文学者でも好き嫌いが分かれる『源氏物語』

2.世界文学の中の『源氏物語』


(再生時間 10分40秒)

・『源氏物語』は外国でどう評価されたか
・末松謙澄による『源氏物語』の英訳
・一躍世界に『源氏物語』を知らしめたアーサー・ウェイリーの業績
・「世界を動かした100人」に選ばれた紫式部

・アーサー・ウェイリーという人物について
・大英博物館の東洋部に所属/漢字、日本語を研究する
・漢詩、俳句がヨーロッパの詩人たちに影響を与えたイマジズム運動

3.A・ウェイリーの名訳はなぜ生まれたか


(再生時間 13分33秒)

・語学的な天才と詩人的直感に恵まれたウェイリー
・翻訳の天才シュレーゲルとの類比

・ウェイリーによる『源氏物語』の名訳はなぜ生まれたか
・イメージに従って翻訳し、自在に名文を生む
・1925年に英語版『源氏物語』を刊行/絶賛を受ける
・第一次大戦後の欧州の知識人たちに支持される

・ウェイリーの訳文について
・外来語を多用し、分かりやすい英語に翻訳

・戦前に日本を紹介する冊子「日本文明のオリジナリティーについて」を編纂

コンテンツ名 「Genjiフォーラム・スペシャル 『源氏物語』と根生いの心 ~世界に響くやまとことばの世界~」
収録日 2003年6月7日
講師 渡部昇一

会場:東京・日本財団ビル大会議室
主催:エンゼル財団
2003年6月、エンゼル財団主催による「Genjiフォーラム・スペシャル 『源氏物語』と根生いの心 ~世界に響くやまとことばの世界~」が、東京・日本財団ビル大会議室で開催されました。今回のフォーラムでは、講師に岡野弘彦先生、田辺聖子先生、そして渡部昇一先生をお招きし、「日本人の根生いの心(日本人が日本人として古来から有する心根)」を中心に、『源氏物語』の国際化の意義の大きさについて、活発な議論が展開されました。本コンテンツでは、当日のプログラムより、岡野先生、渡部先生がご講演された、第二部の模様をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る