本文へ

ホーム > 西洋の古典 > 人生の危機に、精神の力を (5)

人生の危機に、精神の力を (5)

人生の危機に、精神の力を (5)

講演 「ダンテ『神曲』講義」を読んで

kabayama01樺山紘一
(国立西洋美術館長・東京大学名誉教授)

 

  1. ダンテ『神曲』とロダンの《地獄の門》
  2. 今道先生の「ダンテ『神曲』講義」について
  3. 『神曲』「地獄篇」について
  4. 『神曲』「煉獄篇」について
  5. 『神曲』「天国篇」について

1.ダンテ『神曲』とロダンの《地獄の門》


(再生時間 5分45秒)

  • 国立西洋美術館の前庭に設置された《考える人》と《地獄の門》
  • 『神曲』の主題が彫刻化・造形化された《地獄の門》や《接吻》などの名作

2.今道先生の「ダンテ『神曲』講義」について


(再生時間 16分26秒)

  • 時分も参加したかった今道先生のダンテ『神曲』講義
  • 誰もが知っているが、本当に読んだ人は少ないダンテの『神曲』
  • 耳から心へ伝わる音読の重要性を再確認
  • 解釈と解説との違い。「解釈は意味の発見である」
  • 偉大な詩人に共通している資質 (『神曲』講義 56-57頁)

3.『神曲』「地獄篇」について


(再生時間 6分10秒)

  • 近代の芸術家たちが最も主題としてきた「地獄篇」の情景
  • 近代人が地獄篇に強い関心を示すのはなぜか
  • 亡命者の文学としての『神曲』

4.『神曲』「煉獄篇」について


(再生時間 7分59秒)

  • 「煉獄」という概念が成立したヨーロッパ中世
  • 天国と地獄の間に発明された「浄罪界」
  • トマス・アクィナスの思想 「中間の道(via media)」について

5.『神曲』「天国篇」について


(再生時間 6分12秒)

  • 天国においても自己形成は続く、という今道先生の指摘
  • アダムとイブの「楽園」と『神曲』における「天国」とはどう違うか
  • 「千年王国」思想について
コンテンツ名 今道友信「ダンテ『神曲』講義」出版記念ダンテ・フォーラム
収録日 2002年11月16日
講師 樺山紘一

会場:東京・学士会館
主催:財団法人エンゼル財団
去る2002年11月、今道友信先生(英知大学教授・東京大学名誉教授)の『ダンテ「神曲」講義』(みすず書房)の出版を記念する「ダンテ・フォーラム」(主催・エンゼル財団)が、東京・神田の学士会館で開催されました。本コンテンツでは、当日の模様をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:樺山紘一

(国立西洋美術館長・東京大学名誉教授)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る