本文へ

ホーム > 日本の古典 > 古事記 > 古事記が語る原風景-本居宣長・折口信夫・小林秀雄を辿って (3)

古事記が語る原風景-本居宣長・折口信夫・小林秀雄を辿って (3)

古事記が語る原風景-本居宣長・折口信夫・小林秀雄を辿って (3)

【セッション1】私にとっての『古事記』

watanabe1A[1]

渡部昇一 (上智大学名誉教授)

  1. 私にとっての『古事記』
  2. 騎馬民族説への疑問
  3. 今も古代の神々が生きている日本

1.私にとっての『古事記』


(再生時間 8分38秒)

  • 昭和24年、上智大学の英文科で『古事記』を学ぶ
  • カトリックの大学であったため、占領下に『古事記』の授業ができた上智大学
  • 昭和30年、ドイツへ留学/古代ゲルマン文化を研究
  • 『古事記』のおかげでゲルマン神話の世界を身近に感じた留学時代

2.騎馬民族説への疑問


(再生時間 13分19秒)

  • 野上教授の騎馬民族説に疑問を感じる
  • 『古事記』には馬がほとんど登場しない
  • 三内丸山遺跡(青森)・日ノ御埼(紀伊)/海と関係深かった古代人
  • 沖縄、百済と古代の日本を結ぶ海
  • 日本は海洋的な人間が中心になってできた国

3.今も古代の神々が生きている日本


(再生時間 6分29秒)

  • ギリシャの神殿と日本の神社
  • 奉る人が絶えない塩釜神社に思う
  • 『古事記』は生きている人間の流れ
  • 日本は神話時代から生きてる文化を持つ唯一の国
コンテンツ名 エンゼル・フォーラム「日本人の心の源郷『日本語(やまとことば)』 ~本居宣長・折口信夫・小林秀雄を辿って~」
収録日 2003年3月8日
講師 渡部昇一

主催:エンゼル財団
収録映像:著作権者 財団法人エンゼル財団
2003年3月、エンゼル財団主催によるエンゼル・フォーラム「日本人の心の源郷『日本語(やまとことば)』 ~本居宣長・折口信夫・小林秀雄を辿って~」が、開催されました。講師に岡野弘彦先生、渡部昇一先生のおふたりをお招きし、松田義幸先生のコーディネートのもと、「『古事記』と日本人」を中心テーマにおいて「日本語の本質」「日本人の精神」を議論し、母国語としての日本語を大切にした心豊かな生活像について議論が交わされました。 本コンテンツでは、当日の模様をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る