本文へ

ホーム > 西洋の古典 > フィレンツェ、その文化に学ぶ > 混迷の時代の叡智-フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ (6)

混迷の時代の叡智-フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ (6)

混迷の時代の叡智-フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ (6)

1966年、フィレンツェを流れるアルノ川が大氾濫をおこし、夥しい数の美術品や稀覯書が泥に飲み込まれました。芸術都市にとって最も危機的な状況から、フィレンツェの人々は何を学んだのでしょうか。

フィレンツェ 世界遺産に生きる

  • 1966年の大洪水
  • 時計職人の証言
  • 蘇ったチマブーエの「十字架のキリスト」
  • フィレンツェの経済は美に依存している
コンテンツ名 フィレンツェ 世界遺産に生きる
収録日 2008年3月15日
講師 総合企画:松田義幸 、構成・編集:熊倉次郎

会場:イタリア文化会館
主催:財団法人エンゼル財団・イタリア文化会館・日本経済新聞社
収録映像:著作権者 財団法人エンゼル財団
本コンテンツでは、2008年3月15日、イタリア文化会館で開催されたダンテフォーラム2008「混迷の時代の叡智―フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ」(約3時間半)の模様を配信しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る