本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 林光

林光はやし ひかる

株式会社ナレッジ・ファクトリー代表

慶應義塾大学文学部哲学科美学美術史学専攻卒業、(株)博報堂入社、(株)博報堂生活総合研究所発足に伴い同研究所に出向、主席研究員となる。2003年未来生活研究室を室長として開設、2004年同研究室の研究所所長となる。2007年より独立、現在知識創造工房ナレッジ・ファクトリー代表、社会評論家、生活評論家として活動。主な研究領域は、消費社会論、生活者動向予測、生活者価値観分析、団塊世代分析、自動車の文化と生活等。埼玉大学教養学部、明海大学経済学部、東京大学社会情報研究所、慶応大学文学部などで非常勤講師を歴任。

主な著書に「職人技を見て歩く」(光文社新書、2002年)、「21世紀の生活者像と食品事業」(サイエンスフォーラム、01年)、「平成モザイク消費」(プレジデント社、97年)、「『五感』の時代」(プレジデント社、94年)、「『半分だけ』家族」(日本経済新聞社、93年)など。

現在、雑誌「トラベル・ジャーナル」、新聞「フジサンケイ・ビジネスアイ」等での連載やTV出演など幅広い分野で活躍中。

戦後子ども文化史(6) 子どもたちの現在

戦後子ども文化史(6) 子どもたちの現在

子どもたちの現在を知り、未来を想うシンポジウム

パネリスト:近藤純夫、林光、浦田雅夫、田口ランディ、司会:橘川幸夫

ページのトップへ戻る