本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 鬼頭秀一

鬼頭秀一きとう しゅういち

東京大学大学院新領域創成科学研究科(社会文化環境学専攻)教授

東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎論専門課程博士課程単位取得退学。青森公立大学経営経済学部教授、東京農工大学農学部教授、恵泉女学園大学院人文学研究科教授を経て、現在、東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻教授。
著書に、『自然保護を問いなおす―環境倫理とネットワーク』 (ちくま新書)、『環境倫理学』(共著、東京大学出版会)、『自然再生のための生物多様性モニタリング』(共著、東京大学出版会)など多数。

武蔵野里山イニシアティブ

武蔵野里山イニシアティブ

武蔵野の里山文化を未来の世代へ継承するには? 歴史、景観、エネルギー供給など、多角的な視点から学識者が討論

松本富雄、鬼頭秀一、千賀裕太郎、田邉敏憲、徳山郁夫、古在豊樹

ページのトップへ戻る