本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 村越 真

村越 真むらこし しん

静岡大学教授/社団法人日本オリエンテーリング協会専務理事

村越 真

1960年生まれ。南極観測隊員の父、山好きの母の下、山に親しんでいたが、 14歳の時、オリエンテーリングに出会い、人生が変わる。 日本選手権15連覇(1980-1994)、通算22勝。 アジア環太平洋チャンピオン(1986,1996)。ベテランワールドカップ5位(1997) 。

主な著書
『道迷い遭難を防ぐ最新読図術』(山と渓谷社 2001)
『子供たちには危険がいっぱい』(山と渓谷社 2002)
『アウトドアGPS最新活用術』(山と渓谷社 2003)
『方向オンチの謎がわかる本』(集英社 2003)

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

オリエンテーリングの魅力と子どもへの誘い

オリエンテーリングの魅力と子どもへの誘い

「曖昧さの中でどう意志決定するか、それ自体が非常に魅力的である」日本選手権15連覇の記録保持者が語るオリエンテーリングの面白さ。

村越 真、須賀由紀子

ページのトップへ戻る