本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 野秋 誠治

野秋 誠治のあき せいじ

一般財団法人森永エンゼル財団理事・主席研究員

野秋 誠治

慶應義塾大学卒業。
1972年森永製菓株式会社入社。営業、マーケティング、調査研究部門などを経て、2003年より史料室長。2004年より財団法人エンゼル財団事務局長兼務。2014年から現職。
日本アーカイブズ学会登録アーキビスト
論文に「史資料の管理」(『企業アーカイブズの理論と実践』2013年所収)、「お菓子のおまけ」(「情報の科学と技術」2016年Vol.66No.8所収)

近代における「食」、その産業と文化 〜塩のあゆみ〜

近代における「食」、その産業と文化 〜塩のあゆみ〜

日本の近代化の過程で大きな変化をみせた「食」に関わる産業と文化。今回のフォーラムでは、塩に焦点をあて、近代産業として発展していく過程やその意義について考えます。

落合功、野秋誠治

講演会「ミルクキャラメルの物語」

講演会「ミルクキャラメルの物語」

暮らしの中でミルクキャラメルはどのように受け入れられてきたのでしょうか。

野秋誠治

ページのトップへ戻る