本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 上野 晶子

上野 晶子うえの あきこ

北九州市立自然史・歴史博物館 学芸員

上野 晶子

1982年 山口県出身
2004年3月  北九州市立大学文学部比較文化学科 卒業
2009年3月  北九州市立大学大学院社会システム研究課 博士後期課程 卒業
学術博士
2007年より現職(北九州市立自然史・歴史博物館 歴史課 学芸員)

小さな頃から食に興味があり、一時は料理人の道を志したことも。
北九州市立大学で恩師八百啓介先生に出会い、食文化史研究の道に進みます。
近年は、蘭学における食文化研究や江戸時代の西洋料理やシュガーロードを通して、「食」が人々の生活にどのように受容されていったのかということに取り組んでいます。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

和菓子と西洋菓子の出会い

和菓子と西洋菓子の出会い

佐賀県立博物館で開催された「生誕150年記念 森永太一郎展」で、「和菓子と西洋菓子の出会い」をテーマにフォーラムが開催されました。

講師・パネラー:八百啓介、パネラー:上野晶子、村岡安廣、前田英宣、コーディネーター:山本長次

ページのトップへ戻る