本文へ

ホーム > 西洋の古典 > ミルワード神父のシェイクスピア物語 > 第19回 『ヘンリー八世』

第19回 『ヘンリー八世』

ミルワード神父のシェイクスピア物語

第19回 『ヘンリー八世』

「シェイクスピアの劇には、ヘンリー八世とその周囲の人々を暗示する登場人物が数多く描かれています。秋季講座の最終回となる今回は『ヘンリー八世』を取り上げます。この劇は、国王一座の座付作家としてシェイクスピアの跡を継いだジョン・フレッチャーとの共作であろうと思われます。プロローグは悲劇的な響きから始まります。」(ミルワード神父)

お話:
ピーター・ミルワード イエズス会司祭・上智大学名誉教授
門野泉 清泉女子大学名誉教授・前学長

当日配布資料のダウンロードはこちら

目次

講演

質疑応答

 

第19回

講演

1.前回の講演を振り返る

 

2.『ヘンリー八世』創作の経緯

 

3.他の悲喜劇作品との関係(1)

 

4.他の悲喜劇作品との関係(2)

 

5.『ヘンリー八世』(1)

 

6.『ヘンリー八世』(2)

 

質疑応答&引用個所朗読

7.質疑応答&引用個所朗読

  • 『テンペスト』のマスクシーンについて
  • 『ヘンリー八世』は共作の劇作品でしょうか?
コンテンツ名 ミルワード神父のシェイクスピア物語
収録日 2016年11月26日
講師 ピーター・ミルワード、門野泉

会場:上智大学S.Jハウス
主催:一般財団法人森永エンゼル財団
企画:松田義幸 森永エンゼル財団理事
映像制作:リベラルアーツ総合研究所
協力:上智大学S.Jハウス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミルワード神父のシェイクスピア物語

プロフィール

講師:ピーター・ミルワード

(イエズス会司祭・上智大学名誉教授)

講師:門野 泉

(清泉女子大学名誉教授・前学長)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る