本文へ

ホーム > 西洋の古典 > トマス・アクィナス『神学大全』 > 『神学大全』と『神曲』の対話 (1)

『神学大全』と『神曲』の対話 (1)

『神学大全』と『神曲』の対話 (1)

dante_aquinas

左:ダンテ・アリギエーリ(1265~1321)
右:トマス・アクィナス(1225頃~1274)
(NYPL Digital Galleryより)

イタリア文化の要であり、ヨーロッパの文化に多大な影響を与え続けるダンテ『神曲』。その言葉の中に、西欧さらには人間普遍の精神を読み込み、文芸・芸術の奥深い楽しみにつなげることをねらいとするエンゼル財団のダンテフォーラムシリーズ。

今回は、中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な時代背景について、理解を深めます。

特に、トマスの思想がもっとも色濃く表現されており、『神曲』の主題ともいえる「天国篇」の言葉を中心に、人間・文化の本質の一端に触れていくことになるでしょう。

主催者挨拶

松﨑昭雄 エンゼル財団会長

アルベルト・ディ・マウロ イタリア文化会館館長

講演「ダンテにおけるトマスの輝き ―神曲(天国篇)の現代的解釈―」

imamichi

今道友信 英知大学教授・東京大学名誉教授

動画ページはこちら

 

講演「ダンテとトマス神学―至福直観をめぐって―」

inagaki

稲垣良典 長崎純心大学教授・九州大学名誉教授

動画ページはこちら

 

講演「トマス・アクィナスが開いた扉―中世史研究の新地平―」

kabayama樺山紘一 印刷博物館館長・東京大学名誉教授

動画ページはこちら

 

研究報告「学習社会とダンテ・コンテンツ―大学生への活用事例―」

suga

須賀由紀子 エンゼル財団主任研究者

動画ページはこちら

 

シンポジウム「ダンテとトマスをめぐって」

symposio2

稲垣良典 長崎純心大学教授・九州大学名誉教授
今道友信 英知大学教授・東京大学名誉教授
樺山紘一 印刷博物館館長・東京大学名誉教授

コーディネーター
松田義幸 実践女子大学教授・エンゼル財団理事

動画ページはこちら

コンテンツ名 ダンテフォーラム in 東京 「『神学大全』と『神曲』の対話」
収録日 2005年11月13日
講師 稲垣良典、今道友信、樺山紘一、須賀由紀子、コーディネーター:松田義幸

会場:新イタリア文化会館
主催:財団法人エンゼル財団・イタリア文化会館・日本経済新聞社
収録映像:著作権者 財団法人エンゼル財団

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:稲垣良典

(長崎純心大学教授・九州大学名誉教授)

講師:今道友信

(英知大学教授・東京大学名誉教授)

講師:樺山紘一

(印刷博物館館長・東京大学名誉教授)

講師:須賀由紀子

(エンゼル財団主任研究員)

コーディネーター:松田義幸

(実践女子大学教授・エンゼル財団理事)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る