本文へ

ホーム > グレート・ブックス > 日本の古典 > ;源氏物語全講会 > 第189回 特別講義 「日本の創意 - 源氏物語を知らぬ人々に与す」(続)

源氏物語全講会 | 岡野弘彦

源氏物語全講会

第189回 特別講義 「日本の創意 - 源氏物語を知らぬ人々に与す」(続)

前回に引き続き「日本の創意 - 源氏物語を知らぬ人々に与す」を説明し、『源氏物語』が日本文化に与えた影響を解説する。そして、「源氏物語全講会」に流れる熱い思いに触れ、終了する。

折口信夫「日本の創意 - 源氏物語を知らぬ人々に与す」(3)

・『丹後国風土記逸文』から

女性を中心とした貴種流離譚

・女性が主人公の貴種流離に対して、第二の流離ともいえるのが光源氏の須磨明石への流離

・折口先生の錯覚

夢の浮き橋

源氏物語の影響と源氏物語全講会

・紫式部が書き始めた頃から当時の貴族社会で注目された物語

藤原道長、更級日記の作者

・生活の細々に影響が及んでいる物語

偐紫田舎源氏、源氏香等

・源氏物語全講会について

三矢重松から折口信夫へ

國學院から慶應へ

<参考>http://angel-zaidan.org/genji_history/

・なぜ三矢重松は国学最後の人と言われたのか

本居宣長が残した緻密な遺言書

東京に移った本居家で、宣長の命日に行っていた祭りの中心になっていたのが三矢重松

三矢重松の祭りを行ったのが折口信夫

・日本人にとっての『源氏物語』

宣長、三矢重松、折口信夫という形で継承せられてきた熱い思い

・文献学でも届かない心の古代を解明する時に、『源氏物語』をそういうための一つの大事な心の置き場所、足の踏み場として、着実に読んでいく必要が起こってくる。

コンテンツ名 第189回 特別講義 「日本の創意 - 源氏物語を知らぬ人々に与す」(続)
収録日 2013年12月7日
講師 岡野弘彦(國學院大學名誉教授)

平成25年春期講座

このエントリーをはてなブックマークに追加

「源氏物語巻名歌」から

プロフィール

講師:岡野弘彦
(国学院大学名誉教授)

歌人。大正13年(1924年)、三重県に生まれる。國學院大學国文科に在学中より折口信夫に学び、雑誌「鳥船」に参加。折口の没年まで師事する。 昭和42年、処女歌集「冬の家族」で現代歌人協会賞を受賞。昭和54年から宮中歌会始の選者を努める。
詳しくはこちら

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る