本文へ

ホーム > お知らせ > 講演 歴史を伝えるパッケージ 森永ミルクチョコレート100周年

2018年6月4日

講演 歴史を伝えるパッケージ 森永ミルクチョコレート100周年

森永エンゼル財団の主席研究員が、たばこと塩の博物館で開催中の「モボ・モガが見たトーキョー」の展示関連講演会として、2018年7月1日(日)14時より、講演します。

テーマ「歴史を伝えるパッケージ 森永ミルクチョコレート100周年」

日本で最初にカカオ豆からチョコレートが製造されたのは1918年のことでした。戦前のパッケージやポスターを中心にして、モボ・モガが愛したチョコレートを紹介します。

講師 野秋誠治(一般財団法人森永エンゼル財団理事・主席研究員)

開催日時:2018年7月1日(日) 14時~
会場:たばこと塩の博物館 3階視聴覚ホール 定員90名
http://www.jti.co.jp/Culture/museum/index.html
〒130-0003 東京都墨田区横川1-16-3  03-3622-8801
※参加方法 先着順(整理券制)
*参加には、入館料(一般・大学生100円/満65歳以上・小中高校生50円)が必要です。
*当日開館時(10 時)より整理券を1 名につき2 枚まで配布します。(配布時に人数分の入館料をいただきます。)
*65歳以上の方は半額になります。年齢のわかる証明書を受付時にご提示ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年別

ページのトップへ戻る