本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 稲垣 良典

稲垣 良典いながき りょうすけ

長崎純心大学教授、九州大学名誉教授

稲垣 良典

1928年生まれ。東京大学文学部卒業。南山大学、九州大学、福岡女学院大学を経て現職。専門は哲学、法哲学。文学博士。
主な著書に、『問題としての神』『トマス・アクィナス「神学大全」』『トマス・アクィナスの研究』『習慣の哲学』『抽象と直観』などがある。天使に関する著作として『天使論序説』、翻訳にM.J.アドラーの『天使とわれら』がある。
また、中世神学の大著、トマス・アクイナスの『神学大全』の翻訳者としても知られる。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

エンゼルとわたくし

エンゼルとわたくし

「エンゼルとわたくし」をテーマに2014年8月に開催されたフォーラムの模様。

稲垣良典、松田義幸、司会進行:犬塚潤一郎

稲垣良典 トマス・アクィナスに学ぶ

稲垣良典 トマス・アクィナスに学ぶ

中世哲学の第一人者、稲垣良典(九州大学名誉教授)が語る、トマス哲学の魅力と現代人へのメッセージ

稲垣良典

現代への挑戦の書『神学大全』-みんなのためのトマス・アクィナス-

現代への挑戦の書『神学大全』-みんなのためのトマス・アクィナス-

トマス・アクィナス『神学大全』全巻の邦訳事業が完成したことを記念する特別フォーラムの模様。

稲垣良典、渡部昇一

天使学への招待

天使学への招待

天使とは何か。そして人間とは何か。目に見えない世界の大切さを考える。 2011年8月長崎純心大学で開催されたフォーラムの模様。

稲垣良典

『神学大全』と『神曲』の対話 (6)

『神学大全』と『神曲』の対話 (6)

中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な背景について理解を深める。

稲垣良典、今道友信、樺山紘一、コーディネーター:松田義幸

『神学大全』と『神曲』の対話 (3)

『神学大全』と『神曲』の対話 (3)

中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な背景について理解を深める。

稲垣良典

『神学大全』と『神曲』の対話 (1)

『神学大全』と『神曲』の対話 (1)

中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な背景について理解を深める。

稲垣良典、今道友信、樺山紘一、須賀由紀子、コーディネーター:松田義幸

人生の危機に、精神の力を (8)

人生の危機に、精神の力を (8)

今道友信先生の『ダンテ「神曲」講義』(みすず書房)出版を記念して開催されたダンテ・フォーラム。

今道友信、稲垣良典、樺山紘一

人生の危機に、精神の力を (3)

人生の危機に、精神の力を (3)

今道友信先生の『ダンテ「神曲」講義』(みすず書房)出版を記念して開催されたダンテ・フォーラム。

稲垣良典

人生の危機に、精神の力を (1)

人生の危機に、精神の力を (1)

今道友信先生の『ダンテ「神曲」講義』(みすず書房)出版を記念して開催されたダンテ・フォーラム。

稲垣良典、今道友信、樺山紘一、鈴木治雄、村上陽一郎

ページのトップへ戻る