本文へ

ホーム > 森永エンゼルカレッジ ユーザーの声

森永エンゼルカレッジ ユーザーの声 | 森永エンゼルカレッジでの学びを豊かな人生のために生かしているユーザーの皆様の声をお届けします。

古典とともに甦る 時の意識 ―いま、森永エンゼルカレッジで学ぶ意味とは― | 森永エンゼルカレッジ 講師/実践女子大学現代生活学科教授 犬塚 潤一郎

古典書籍を読み、また友や家族と語らう豊かな時間。それはいつの時代でも、人にとって大切なひとときであったと思われます。そして今この社会を生きる私たちには、そのことがとりわけ重要な意味を持っているのではないでしょうか。

大規模災害や経済危機が一人ひとりにとっての間近な問題として語られる。社会不安、人生の先行きについての不安がたびたび心をよぎりがちな日々。社会や人生の本当の目的や意味を考え直し、持続可能な人の営みを再生しようという気持ちは、多くの人の心のなかに、多かれ少なかれ意識されだしているのだと思われます。

対応して、新しい科学技術の開発、それを促進するための政策や社会システム、産業による振興、そして新しい価値観と生活文化の創出。取り組むべき課題をそれぞれに明確にする努力も生まれています。

しかしその一方、この問題をつくりだした根本的な構造には、未だ充分に目が向けられていないのではないでしょうか。それは、現代を生きる人の意識が、今この時に、あまりに集中しすぎていることです。激しく変化しているようにみえる現代社会は、実のところ、いつまでも同じことを繰り返す、際限のない堂々巡りに陥っているのではないでしょうか。社会および人間としての積み重ねや変遷を意識できないところに、未だ無き有るべき未来への想像力や責任感が生まれようもないのかもしれません。

それはかつてあった、確かな人間の意識としての思想と言葉を、自分たちの意識につなげるための時間を、私たちは必要としているのではないでしょうか。

そのような、本来の意味での自分の時間、大切な人々とともにする時間のために、古典を読み語る先生方の声をお役立ていただければと願っています。

VOICE01:「よりよい暮らしに、知の刺激。」(Nさん 元鉄鋼技術系会社員 70代 男性)

森永エンゼルカレッジで学ぶ背景をお聞かせください森永エンゼルカレッジで学ぶ背景をお聞かせください
(森永エンゼルカレッジを主催する)松田義幸先生が講師をされる千葉大学の「柏の葉」の市民講座にてご紹介されたのをきっかけに、今道友信先生の「ダンテ『神曲』連続講義」を聴講したのが出合いです。私は地元で「あびこシルクロード・サークル」という歴史愛好家の集まりに参加しており、今年(2014年)は、会田雄次『ルネサンス』を題材にしております。また、柏の葉講師の徳山先生の「イタリアの会」にも時々参加しています。年に4〜5回ほど覗いています。今まで完全に聴講したのは、今道先生「ダンテ『神曲』」、岡野先生「源氏物語全講会」です。
学び続ける工夫、実践について教えてください学び続ける工夫、実践について教えてください
語り合える同好の仲間を作ることです。
森永エンゼルカレッジで学ぶ目的や、ご自身の勉強の目標森永エンゼルカレッジで学ぶ目的や、ご自身の勉強の目標
私どもの、千葉大柏の葉カレッジリンクで作った「養生訓いろはカルタ」に「よりよい暮らしに、知の刺激」という句があります。これに尽きます。

おすすめの講義

  • ダンテ『神曲』連続講義 今道友信
    『神学大全』や『神曲』はヨーロッパ文化に大きな影響を与えた古典です。それらを通して西洋文化を見つめます。
  • 岡野弘彦 『源氏物語全講会』
    日本の古典を学ぶことで日本をよりよく知る。源氏物語研究の第一人者、岡野弘彦の全講会。

VOICE02:「心豊かなレジャーライフへの飽くなき挑戦。」(Tさん 元会社員 60代 男性)

森永エンゼルカレッジで学ぶ背景をお聞かせください森永エンゼルカレッジで学ぶ背景をお聞かせください
エンゼル財団は徳山郁夫先生の生涯学習セミナーで紹介されました。

生涯学習への興味、関心は尽きません。松田先生、徳山先生のセミナーを受講するたびギリシャ古典からヨーロッパ、中世ルネッサンスから東洋仏教、日本古典文学を学び、更には音楽、美術などリベラルアーツ教育の大切さを学習してきました。エンゼルカレッジは自宅でじっくり学べるので、最低でも3-4か月毎に開催される松田・徳山先生セミナー学習会の都度、数日の間は視聴させて頂いております。

学び続ける工夫、実践について教えてください学び続ける工夫、実践について教えてください
リタイア後地域でできるだけ多くのサークル活動をすることで仲間、友人を得て共に活動し、多くの刺激、啓蒙を受けることです。また、多くのサークルの輪は地域文化、地域の発展に寄与できるものと思います。
森永エンゼルカレッジで学ぶ目的や、ご自身の勉強の目標森永エンゼルカレッジで学ぶ目的や、ご自身の勉強の目標
松田先生の言われる「心豊かなレジャーライフ」へのあくなき挑戦です。個人差はあるでしょうが精一杯、自分なりに達成感を一つずつ得て行きたいと思います。

エンゼルカレッジでは「芸術都市の創造シリーズ」が好きです。ユニークなコンテンツである一級の先生方のセミナー、講演を、好きな時、心ゆくまで学ばせて頂いております。「心豊かなレジャーライフ」学習は私たちの住む新興都市、柏の葉の街造りにも大いに参考となり、興味が尽きません。

VOICE03:「どんなことにも興味をもつこと。でも、学びに無理をしないこと。」(Oさん 大学教員 40代 男性)

森永エンゼルカレッジで学ぶ背景をお聞かせください森永エンゼルカレッジで学ぶ背景をお聞かせください
エンゼルカレッジは松田義幸先生、徳山郁夫先生から教えていただきました。ダンテフォーラムの影響で、ダンテの神曲(岩波文庫)を3巻読みましたが、おもしろかったです。
学び続ける工夫、実践について教えてください学び続ける工夫、実践について教えてください
1.どんなことにも関心を持とうとすること。

2. 生き物として正しい(と思われる)生活を送るようにこころがけること。具体的には、できるだけ新鮮な食物を食し、ジャンクフードは我慢する。暴飲暴食をしない、適度に運動する、夜更かしをしないで適切な睡眠時間を確保する、一分一秒を争わない、など。

3.学びに無理をしないこと=学んでもおもしろいと思えないこと、その時の自分が興味がわかないことは無理してそれ以上は学ばない。

森永エンゼルカレッジで学ぶ目的や、ご自身の勉強の目標森永エンゼルカレッジで学ぶ目的や、ご自身の勉強の目標
人類以外の生き物を含めた世界平和と幸福の最大化。

ページのトップへ戻る