本文へ

ホーム > お知らせ > 10/26に川越で「武蔵野里山イニシアティブ 暮らしの革新と”持続可能社会”の構築」を開催します

2014年10月22日

10/26に川越で「武蔵野里山イニシアティブ 暮らしの革新と”持続可能社会”の構築」を開催します

「武蔵野里山イニシアティブ」は終了しました。

一般財団法人森永エンゼル財団では、10月26日(日)に開催される「武蔵野里山イニシアティブ」に協力しています。

埼玉県立川越総合高等学校・尚美学園 高大連携事業

【告知】武蔵野里山イニシアティブ 暮らしの革新と”持続可能社会”の構築(10/26 川越)

総合司会
NPO法人武蔵野の未来を創る会代表理事 森田恒夫

◆プログラム
開会のあいさつ
埼玉県立川越総合高等学校校長 柿沼重信
公益財団法人全国学校農場協会理事長 日置司明
埼玉県副知事 塩川修
川越市長 川合善明

講演(約120分)
1.SATOYAMAイニシアティブの国際展開
国際連合大学サステイナビリティ高等研究所IPSI事務局次長 鈴木渉

2.三富新田の今日的価値

三芳町長 林伊佐雄

3.武蔵野里山の再生に向けて

石坂産業株式会社 石坂典子

4.川越総合高校生による三富農業体験と意見発表

・三富農業体験の報告 川越総合高校FFJ(Future Farmers of Japan)
・笑顔の中で~三富新田の未来を創る~森田紗月(総合学科2年)

FESTA(約20分)
「合唱組曲『宮沢賢治の三つの風景』」について
尚美学園総合芸術センター長 坂田晃一

思想劇場(全員参加の集団討議)
(約90分)
問題提起:尚美学園大学学長 田邉敏憲
コーディネーター:千葉大学名誉教授 徳山郁夫、実践女子大学教授 犬塚潤一郎

まとめ
農業高校支援機構理事長・千葉大学名誉教授 古在豊樹

日時:
2014年10月26日(日)13:00~17:00

場所:
埼玉県立川越総合高等学校 明星館 2階ホール

主催:
埼玉県立川越総合高等学校
尚美学園
農業高校支援機構
公益財団法人全国学校農場協会
共催:
NPO法人武蔵野の未来を創る会
NPO法人こども大学かわごえ
協力:
JAいるま野
西武鉄道株式会社
公益財団法人川越法人会
公益財団法人ハイライフ研究所
一般財団法人森永エンゼル財団
SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)事務局
後援:
川越市
川越市教育委員会
埼玉県三芳町

このエントリーをはてなブックマークに追加

年別

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る