Message森永エンゼルカレッジに寄せて
学びと向き合う皆様へ研究者メッセージ

Message

北村 友人

森永エンゼル財団理事

東京大学大学院教育学研究科 准教授

「皆さん、森永エンゼルカレッジへようこそ!

ここは、皆さんが、新しい体験をしたときに感じる「面白い」という気持ちや、未知なるものと出会ったときに覚える「不思議だな」といった思いに向き合うための場です。「若い世代から大人まで、皆さんが自分なりにこの場を活用して<学び>を深めていただきたい。」それが、森永エンゼルカレッジに関わる私たちに共通した願いです。

現代は、先を見通すことがとても難しい時代です。新しい社会問題は次々と起こり、技術革新のスピードは年々加速度的に早まっています。皆さんもご存知のように、2015年に国連は、さまざまな社会の問題を解決し、「持続可能な社会」や「共生社会」といった理想の世界を実現するために、「持続可能な開発目標(SDGs)」を策定しました。

若い世代の皆さんには、SDGsの実現に貢献できるような力を身につけるために、「心」と「頭」と「身体」をバランスよく育む「学び」に積極的に取り組んでいくことが求められています。そして、私たち大人の世代には、次の世代と共に持続可能な社会を築いていくために、より広い視野と知識をもち、社会の多様な課題を解決していく力を備えることが求められています。

そこで、こうした多様な課題に直面し、変化のスピードが早い社会で、自らの能力を十分に発揮し、持続可能な社会の実現に貢献していくためには、より柔軟で新しい「学び」の機会が必要であると、私たちは考えます。

森永エンゼルカレッジは、その新しい「学び」の場でありたいと考えます。ここは、「学びの基礎」を作り上げるための場であると共に、「学びの応用」にチャレンジしていくことを応援する場です。皆さん一人一人の大いなる可能性への挑戦を応援します。

先を見通すことが難しい時代だからこそ前例や常識にとらわれず、皆さんの興味や関心を大切にしながら知を積み重ね、それぞれの世界をぜひ広げてください。

この森永エンゼルカレッジが、皆さんの可能性への挑戦の一歩となることを心から願っています。

pagetop