本文へ

ホーム > 西洋の古典 > 芸術都市の経営 > フィレンツェに学ぶ芸術都市の経営 (3)

フィレンツェに学ぶ芸術都市の経営 (3)

フィレンツェに学ぶ芸術都市の経営 (3)

第1部 歴史からの視点

title_part1_contents

講演:樺山紘一(印刷博物館館長)

 

歴史の視点からみた「芸術都市の経営」(1)

PDFダウンロードはこちら 
(講演資料|PDF形式)

  • 15世紀のイタリア都市をめぐる情勢
  • 大きな力をもつようになった5つの都市
  • オスマン帝国の脅威
  • コンスタンチノープルの陥落
  • 1451年 ロディー同盟
  • イタリアで恒久的な連合体、軍事同盟が初めて誕生
  • ローマ: 教権の政治
  • ヴェネツィア: 商人の政治
  • ミラノ: 俗権の政治
  • フィレンツェ: 都市の政治
  • ナポリ: 国家の政治

歴史の視点からみた「芸術都市の経営」(2)

  • ロディー同盟以降、各都市国家が独自の方向に進む
  • ローマ: ローマ教皇権の維持
  • ヴェネツィア: 商業の力をもって政治を支配
  • ミラノ: ドイツ皇帝権の拡大
  • フィレンツェ: 領土を拡大し都市国家の代表者に成長
  • ナポリ: 近代的な国民国家として成長
  • マキアヴェリの都市経営思想
コンテンツ名 ダンテフォーラム2010 「フィレンツェに学ぶ『芸術都市の経営』」
収録日 2010年11月7日
講師 樺山紘一

会場:イタリア文化会館
主催:森永エンゼル財団・イタリア文化会館・日本経済新聞社
収録映像 著作権者:財団法人エンゼル財団
本コンテンツでは、2010年11月7日、イタリア文化会館で開催されたダンテフォーラム2010「フィレンツェに学ぶ『芸術都市の経営』」(約3時間半)の模様を配信しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る