本文へ

ホーム > 日本の古典 > 国境を越えた源氏物語 > 源氏物語と根生いの心-世界に響くやまとことばの世界 (1)

源氏物語と根生いの心-世界に響くやまとことばの世界 (1)

源氏物語と根生いの心-世界に響くやまとことばの世界 (1)

世界文学としての式部源氏・谷崎源氏

講演 「宣長・折口、そして谷崎源氏」~国学の系譜の中の源氏物語~

okano01small[1]

岡野弘彦 (歌人・國學院大学名誉教授)

  1. 日本の伝統文化の核としての源氏物語
  2. 魂の感染教育としての古典
  3. 国学の系譜と源氏物語

動画ページはこちら

講演 世界文学としての源氏物語

watanabe01small[1]

渡部昇一 (上智大学名誉教授)

  1. 私と『源氏物語』
  2. 世界文学の中の『源氏物語』
  3. A・ウェイリーの名訳はなぜ生まれたか

動画ページはこちら

対談 源氏物語の国際化に向けて

taidan01small[1]

対談
岡野弘彦(歌人・國學院大学名誉教授)
渡部昇一(上智大学名誉教授)

  1. 『源氏物語』を国際化する視点とは
  2. 谷崎潤一郎の現代語訳をめぐって
  3. 『源氏物語』の時代の世界史的意義
  4. やまとことばの伝統を現代人の心に取り戻すには

動画ページはこちら

閉会のご挨拶

松崎昭雄 エンゼル財団会長

  • エンゼル財団の活動について
  • 源氏物語とエンゼル研究とのつながり
コンテンツ名 「Genjiフォーラム・スペシャル 『源氏物語』と根生いの心 ~世界に響くやまとことばの世界~」
収録日 2003年6月7日
講師 岡野弘彦、渡部昇一

会場:東京・日本財団ビル大会議室
主催:エンゼル財団
2003年6月、エンゼル財団主催による「Genjiフォーラム・スペシャル 『源氏物語』と根生いの心 ~世界に響くやまとことばの世界~」が、東京・日本財団ビル大会議室で開催されました。今回のフォーラムでは、講師に岡野弘彦先生、田辺聖子先生、そして渡部昇一先生をお招きし、「日本人の根生いの心(日本人が日本人として古来から有する心根)」を中心に、『源氏物語』の国際化の意義の大きさについて、活発な議論が展開されました。本コンテンツでは、当日のプログラムより、岡野先生、渡部先生がご講演された、第二部の模様をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る