本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 江原 絢子

江原 絢子えはら あやこ

東京家政学院大学名誉教授

江原 絢子

お茶の水女子大学家政学部食物学科卒業。博士(教育学)。
東京家政学院大学教授を経て、現在、同大学名誉教授・客員教授。
一般社団法人日本家政学会 食文化研究部会部会長。
専門分野は、食文化史、食教育史、調理学
著書・編著に『家庭料理の近代』(吉川弘文館 2012)、『近代料理書集成』(クレス出版 2012)、『食と教育』(ドメス出版 2001)、共著に『おいしい江戸ごはん』(コモンズ 2011)、『日本の食文化史年表』(吉川弘文館 2011)、『日本の食文化―その伝承と食の教育』(アイケイコーポレーション 2009)など多数。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

明治時代嗜好品『ことはじめ』~ビール・乳製品のあゆみ

明治時代嗜好品『ことはじめ』~ビール・乳製品のあゆみ

私たちが嗜好品としてとらえているものは、西洋由来のものが多く、当初は、輸入品から始まりました。今回は、嗜好品のなかでも、ビールと乳製品に焦点をあてて、日本での普及と産業化の過程を考えてみたいと思います。

江原絢子、牛米努、佐藤奨平

おやつ、地域の食

おやつ、地域の食

都市部のおやつと農村のおやつはどう違うのか。また、同じ農村でも、地域によっておやつの素材や調理法はどう異なるのか。日本のおやつ文化がもつ豊かな地域性について考えます。

江原絢子

ページのトップへ戻る