本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 後藤 正規

後藤 正規ごとう まさき

東海大学バスケットボール部アシスタントコーチ

後藤 正規

1970年静岡県生まれ。雄踏小、雄踏中、興誠高を経て日本体育大学卒。
高校時代から1試合50点以上をあげるなどシューターとして活躍。日本体育大学でもレギュラーに入り、試合平均30点と言われるほどの圧倒的なシュート力で成績を残した。
卒業後、三菱電機、日本鋼管を経て、1998年にアイシン精機へ。2部との入れ替え戦の常連チームだったアイシンが優勝を争うチームへと発展する原動力に。
JBLでは2度のMVP(2002年・2003年)、2度のフリースロー賞(1993年・2004年)、6度のベスト5を受賞。
2005年に現役を引退し、筑波大学大学院に進学。
現在、東海大学アシスタントコーチ。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

アスリートに聞く-後藤正規(バスケットボール)

アスリートに聞く-後藤正規(バスケットボール)

「上手くなりたいという思いが全ての原点」。常に高みを目指し、自らを磨いてきたバスケットボール元日本代表の後藤正規さんにきく「スポーツと自分」。

後藤正規、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る