本文へ

ホーム > グレート・ブックス > 日本の古典 > 源氏物語とシェイクスピア作品との対話 (1)

源氏物語とシェイクスピア作品との対話 (1)

源氏物語とシェイクスピア作品との対話 (1)

「言葉は心」―― 千年の時を経て、今なお輝き続ける『源氏物語』。
本フォーラムでは、暮らしを心豊かなものにする『源氏物語』への本質的な関わり方を求めて、「歌物語」の視点から『源氏物語』と日本人の心の本質を見つめ、同時に「世界文学」の視野から『源氏物語』の魅力を深めてまいりました。
今回は、『源氏物語』とシェイクスピア作品との比較の視点をもとに古典の価値を深め、現代に期待される文学の力について対話を展開します。

主催者挨拶

奥田義孝 エンゼル財団専務理事


(再生時間 4分7秒 )

  • エンゼル財団の活動について

講演

基調講演「シェイクスピアと源氏物語」

milward[1]

ピーター・ミルワード 上智大学名誉教授

  • 『源氏物語』に響くシェイクスピアのこだま
  • シェイクスピアと『源氏物語』の宗教的要素
  • 古典を読む意味―シェイクスピアと『源氏物語』を比較して

動画ページはこちら

講演「たましひの物語-女性による歌物語」

okano[2]

岡野弘彦 國學院大学名誉教授

  • 女のいろごのみ
  • たなばたつめ
  • 妬心の女神、妬心の皇后
  • 源氏物語の女性たち

動画ページはこちら

インタビュー

インタビュー 『源氏物語』とA.ウェイリーの英国

watanabe[1]

渡部昇一 上智大学名誉教授

  • アーサー・ウェイリーの英訳『源氏物語』が与えた影響
  • 大和言葉と『源氏物語』

動画ページはこちら

研究報告「世界文学としての源氏物語」

研究報告1「世界文学におけるGenji研究」

etou[1]

江藤裕之 長野県看護大学助教授

  • 「世界文学としての源氏物語」― 小西甚一の講演から
  • インターネット時代のGenji
  • 英語圏におけるGenji研究

動画ページはこちら

問題提議・総括

松田義幸 実践女子大学教授


(再生時間 8分22秒)

  • 世界中どこからでも受講できる「源氏物語全講会」
  • 古典作品は民族の言葉の核
  • 細分化ではなく、全体を伝えるコンテンツで文化交流を

シンポジウム「いま、古典文学のルネサンス」

simposium[1]

パネリスト
岡野弘彦 國學院名誉教授
ピーター・ミルワード 上智大学名誉教授

コーディネーター
松田義幸 実践女子大学教授

  • はじめに
  • 講義の補足 伊勢の斎宮―倭姫と倭建
  • ミルワード先生の発表を受けて
  • 源氏物語とシェイクスピア作品の世界
  • 折口信夫の原作が映画化された「死者の書」について
  • 現代の大学において教養教育が直面している課題

動画ページはこちら

コンテンツ名 第3回 Genjiフォーラム・スペシャル 源氏物語とシェイクスピア作品との対話
収録日 2006年3月14日
講師 ピーター・ミルワード、岡野弘彦、渡部昇一、江藤裕之、須賀由紀子、コーディネーター:松田義幸

会場:東京・上智大学中央図書館
主催:上智大学ルネッサンスセンター、財団法人エンゼル財団
2006年3月「第3回 Genjiフォーラム・スペシャル 源氏物語とシェイクスピア作品との対話」が、東京・上智大学で開催されました。このコンテンツでは、当日の模様をお伝えしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:ピーター・ミルワード

(上智大学名誉教授)

講師:岡野弘彦

(歌人・國學院大學名誉教授)

講師:渡部昇一

(上智大学名誉教授)

講師:江藤裕之

(長野県看護大学助教授)

講師:須賀由紀子

(エンゼル財団主任研究員)

コーディネーター:松田義幸

(実践女子大学教授)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る