本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 白石 敬子

白石 敬子しらいし ひろこ

声楽家

白石 敬子

声楽家。日本人初のウィーン国立歌劇場専属歌手。ウィーン国立音大を最優秀首席卒業。国際コンクール入賞(ヴィーニャス優勝、ミュンヘン第2位、ヴェルディ第3位)。ヨーロッパの歌劇場と国内で《蝶々夫人》《椿姫》《ボエーム》など多数のオペラに出演し、成功を収める。ドホナーニ、シュタイン、小澤征爾、若杉弘、ゲッダ、ドミンゴと共演。オーストリア共和国褒賞受賞。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

精神と音楽の交響 (1)

精神と音楽の交響 (1)

今回のダンテフォーラムでは音楽美学の意義と思想性について考えるとともに、イタリア・クラシック音楽の美しい演奏を楽しみます。

今道友信、三村利恵、司会:松田義幸、演奏:白石隆生、白石敬子

ページのトップへ戻る