本文へ

ホーム > 家族 > 愛したくなる「家族と暮らし」 > 生活者と生活文化 (1)

生活者と生活文化 (1)

生活者と生活文化 (1)

開会のご挨拶

松崎昭雄エンゼル財団会長

・エンゼル財団の研究テーマについて
・森永製菓の創業者・森永太一郎の遺志を継ぐ活動

講演 生活者と生活文化-「生活者」としての豊かな生き方・暮らし方

amano

講師:天野正子(東京女学館大学教授)
(お茶の水女子大学教授 番組収録時)

  1. 生活者として生きる
  2. 哲学者・三木清の提言した「生活者」
  3. 生活の質は暮らしの個性につながっている
  4. さようなら消費者、こんにちは生活者

動画ページはこちら

対談 「生活者論」をめぐって

taidan

対談
天野正子(東京女学館大学教授)
(お茶の水女子大学教授 番組収録時)
松田義幸(実践女子大学教授)

  1. 自分自身の生活を見つめることから世界が見えてくる
  2. サービス中心の社会における生活者の視点の重要性
  3. 自分の能力を育み、可能性を自ら拓く

動画ページはこちら 

本講演のテキスト

angel_sousho_kazoku

本講演・対談の内容は、『愛したくなる「家族と暮らし」 』(エンゼル叢書6・PHP研究所)に収録されています。

『愛したくなる「家族と暮らし」 』(エンゼル叢書6)

著者:天野 正子/新村 保子/須賀 由紀子/松田 義幸
発行年: 2003年
発行元: PHP研究所
ISBN: 4569628400

目次:
第1章 「生活者」がひらく暮らしの地平
第2章 家族の「かたち」から「関係」へ
第3章 新しい家族の絆を創る
第4章 「母と子」にみる家族の原型
第5章 「野生の時間」からの恩恵
第6章 「実りある社会」を追い求めて

コンテンツ名 エンゼル・フォーラムin神奈川「母親自身の生活設計2~『生活者』としての豊かな生き方・暮らし方~」
収録日 1997年9月6日
講師 天野正子、松田義幸

主催:(財)エンゼル財団
後援:経済企画庁、横浜市教育委員会
1997年10月、エンゼル・フォーラムin神奈川「母親自身の生活設計2~『生活者』としての豊かな生き方・暮らし方~」が開催されました。本コンテンツでは、当日の講演・対談の模様をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る