本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 加藤 順一

加藤 順一かとう じゅんいち

尚美学園大学教授

加藤 順一

1991年慶應義塾大学大学院修了、1993年名古屋明徳短期大学(国際文化科)、2003年星城大学(リハビリテーション学部)を経て2007年より現職。専攻は法史学・日本文化史、博士(法学)。   
著書に『日本文化史』(星城大学出版会2004)、共著に『小右記註釈 長元四年(上・下)』(八木書店2008)、『政治と宗教の古代史』(慶應義塾大学出版会2004)、『地域文化史の研究』(和泉書院2004)、『増訂国書逸文』(国書刊行会1995)、論文に「阪正臣の前半生―御歌所への道」(『研究報告とうかい1』2007)など。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

今に生きる江戸のかるた遊び (8)

今に生きる江戸のかるた遊び (8)

「小倉百人一首を通じて世の未来を見る。小倉百人一首かるた遊びと農業教育ルネサンス」

パネリスト:岡野弘彦、奥村準子、加藤順一、櫻井準、中村桂子、特別ゲスト:古在豊樹、後藤忠勝、中村賢一、コーディネーター:加藤順一

今に生きる江戸のかるた遊び (1)

今に生きる江戸のかるた遊び (1)

「小倉百人一首を通じて世の未来を見る。小倉百人一首かるた遊びと農業教育ルネサンス」

岡野弘彦、奥村準子、加藤順一、小堀宗慶、櫻井準也、中村桂子、松田義幸、特別ゲスト:古在豊樹、後藤忠勝、中村賢一

ページのトップへ戻る