講師プロフィール

中村 桂子なかむら けいこ

JT生命誌研究館館長/理学博士

中村 桂子

日本を代表する生命誌研究者。1964年東京大学大学院生物化学修了後、国立予防衛生研究所研究員、三菱化成生命科学研究所部長等を経て、1989年早稲田大学人間科学部教授。その後、1993年にJT生命誌研究館副館長となり、2002年より現職。この間、東京大学先端科学技術研究センター客員教授、大阪大学連携大学院教授等を兼任。
主な著書として、『子ども力』を信じて伸ばす(三笠書房2009) 『ゲノムが語る生命』(集英社新書2004)、『生命誌の世界』(日本放送出版協会2000)、『生命誌の窓から』(小学館1998)、『生命科学』(講談社学術文庫1996)、『自己創出する生命~普遍と個の物語』(ちくま学芸文庫2006/毎日出版文化賞授賞)他、共著・訳書等多数。また、児童向けの科学雑誌等の監修も多数。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

教育の原点としての農業

「人間はいきものであり、人間は自然の一部である。農業を通じた教育ではそのことを実体験として学ぶことができる」(中村桂子 JT生命誌研究館館長)

pagetop