本文へ

ホーム > スポーツ > オリンピアン・谷川聡准教授が探る > アスリートに聞く-早狩実紀(陸上)

アスリートに聞く-早狩実紀(陸上)

アスリートに聞く-早狩実紀(陸上)

トップアスリートが語る「スポーツと自分」。
勝ち負けや結果の向こうにある、より本質的なスポーツの魅力に
ロングインタビューで迫ります。

今回、お話をお聞きするのは、陸上3000m障害をはじめさまざまな種目に挑戦し続けている早狩実紀選手。
常に一流で活躍して続けている早狩選手の秘訣とは―

shugou

3000m競技とはどんな競技?


(再生時間 9分53秒 )

  • 2005年に正式種目になった新しい競技
  • 競技場による違い
  • レース展開の面白さ
  • 過酷なレース

早狩選手の陸上競技人生


(再生時間 21分48秒)

  • 陸上を始めたきっかけ
  • 進路の選択
  • 経験を通して身に付いた考え方
  • 世界選手権と初めて出場した試合との共通点
  • 練習スタイルの確立
  • モチベーションの保ち方

トレーニングの組み立て1


(再生時間 15分46秒)

  • スピード、筋力、持久力、回復の4つの練習メニュー
  • 中長距離と短距離の違い
  • トレーニング期と練習メニュー
  • 一日のスケジュール

トレーニングの組み立て2


(再生時間 13分36秒 )

  • ハードリング、水郷の練習
  • 試合期の練習
  • シーズンを通した練習メニューの立て方
  • 同じ練習でも環境を変える

競技に対する姿勢1


(再生時間 11分01秒)

  • 一般のランナーからの影響
  • 自然体でいること
  • さまざまな人との出会い
  • 意識の持ち方
  • 3000m障害をはじめたきっかけ

競技に対する姿勢2


(再生時間 13分46秒)

  • 新しいスポーツへの挑戦
  • 子供のスポーツ
  • 駅伝の見どころ
  • 子供たちへのメッセージ
  • タイムを楽しむ
コンテンツ名 森永エンゼル財団/スポーツフォーラム 早狩実紀選手ロングインタビュー
収録日 2010年3月3日
講師 早狩実紀、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

収録:森永プラザビル(東京・港区)
制作著作:財団法人エンゼル財団

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:早狩実紀

(京都光華アスレティッククラブ所属)

聞き手:谷川聡

(筑波大学大学院人間総合科学研究科講師)

聞き手:須賀由紀子

(実践女子大学生活科学部生活文化学科准教授)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る