本文へ

ホーム > スポーツ > オリンピアン・谷川聡准教授が探る > アスリートに聞く-谷川聡(陸上)

アスリートに聞く-谷川聡(陸上)

アスリートに聞く-谷川聡(陸上)

スポーツの魅力の深さへ

「遊びで走る」から「競技者として走る」へ。そのプロセスの中の自分の変化。トップ・アスリートという立場から見えてきたもの。全体を通して感じる「遊び」の大切さ。今までに出会った「スポーツの中の自分の最高の状態」とはどのようなものか。イメージの中にある「最高の走り」と自分との闘いとは etc.

――「ワークとしてのスポーツ(つまり、やらされてやる)」ではなく、「(深い意味での)遊びとしてのスポーツ」という視点を背景に、スポーツの本質的魅力について、語っていただきました。

谷川聡ロングインタビュー「スポーツと自分」を語る

第1部 スポーツの本質的魅力

競技としてのスポーツへ[1]

 

ジョイレス・スポーツへの反発

「小中学校の頃は、それをやれ、あれをやれといわれてやることにすごく反発があったというか、やらされるのはとにかくいやだという、本当にへそ曲がりのタイプでした」

2.競技としてのスポーツへ[2]

 

怪我をきっかけに道が拓ける

「大学時代、普通によい成績を残していたら、競技をやめて会社員になっていたと思います。スポーツの世界でもっとも大切なのは、その人が今までどういう経験をしてきたかということです」

3.競技としてのスポーツへ[3]

 

日常生活の中にコツがあります

「走るという単純な動きは日常的に使うものなので、そのコントロールをどう変えていくかというのは日常生活にあります」

4.ジョイフル・スポーツへの気づき

 

日本と諸外国とのスポーツ観の違い

「日本人はスポーツの敷居を高くしてしまっている。楽しむ人たちもOK、一生懸命やる人もOK、だれでもやっていいよという空気が作れないのです。それは体育的な文化の負の面、よい側面、両方があるのです」

5.スポーツ・コンテンツへの期待

 

「みてわかる。やってわかる」動画・音声つき教材開発

「一流というか、超一流を見ると美しいと感じる瞬間があると思うのです。それをみて体を動かして楽しいというきっかけになるような、あらゆる世代の人にもやってもらえ、試してもらえるコンテンツになれば良いかなと思っています」

第2部 自らの競技を語る

1.イメージの中にある「最高の走り」と自分との闘い

  • 周りがどうだというより、自分自身をどう高めていくか
  • 自分の最高の状態と表裏一体の怪我

「すごくよい時というのは、一瞬ではなくて、すごく時間を長く感じる。もう止まっている、自分の動きがゆっくり動いているような感じがします。終わったあともけっこう細かいところまで覚えているのです」

「ハードルを跳ぶときも、動きながら手足を大きく使うのではなくて、短く使うという言い方をするのですけれども、大きく動かしているように見えて、短い手足を使っている感覚になるとすごくよい状態になるのです」

コンテンツ名 スポーツフォーラム2007 「谷川 聡先生ロングインタビュー/『スポーツと自分』を語る」
収録日 2007年1月28日
講師 谷川聡、聞き手:須賀由紀子

制作著作:財団法人エンゼル財団

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:谷川聡

(筑波大学大学院人間総合科学研究科講師)

聞き手:須賀由紀子

(森永エンゼル財団主任研究員)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る