本文へ

ホーム > グレート・ブックス > 日本の古典 > 今に生きる江戸のかるた遊び (3)

今に生きる江戸のかるた遊び (3)

今に生きる江戸のかるた遊び (3)

発表 競技かるたの魅力/わたしとかるた

part1_club[1]

筑波大学付属坂戸高等学校 かるた部のみなさん

1.競技かるたの魅力


(再生時間9分24秒)

part1_01

筑波大学附属坂戸高等学校1年 永井衿奈

  • かるたとの出会い
  • かるたの魅力
  • 私の好きな札
  • 筑波大学附属坂戸高等学校の系列について
  • 私が進む系列

2.私とかるた


(再生時間 6分08秒)

part1_02

筑波大学附属坂戸高等学校1年 湯藤洵子

  • 私とかるた
  • 和歌の魅力
  • 競技かるたの魅力
  • 私の好きな札
  • 学んだこと 成長したこと

3.筑坂かるた部 活動報告


(再生時間10分07秒)

part1_03

筑波大学附属坂戸高等学校1年 柴田ゆうみ・豊澤未瑞稀・長島諒

  • 普段の活動
  • 年間スケジュール
  • 試合の様子
  • かるた競技大会スケジュール
  • 私の好きな札
  • まとめ 来年度の目標

4.かるたから学んだこと 筑坂で学んだこと


(再生時間 8分32秒)

part1_04

筑波大学附属坂戸高等学校2年 村田奈津実

  • 競技かるたで学んだこと
  • コミュニケーション能力
  • 生物資源実習 (畜産分野・園芸分野・加工分野)
  • 筑坂で学んでいること
  • 生物活用技術
  • 卒業研究
  • 私の好きな札

5.競技かるたと観光プランコンテストへの挑戦


(再生時間 4分00秒)

part1_05

筑波大学附属坂戸高等学校2年 鈴木知恵

  • 競技かるた 埼玉県代表入り
  • 人との関わり
  • 観光プランコンテスト
  • 川越市の観光について
  • 競技かるた大会の川越開催をめざして
  • 私の好きな札

6.かるた部の発表を聞いて


(再生時間 5分40秒)

天野正子 お茶の水大学名誉教授

  • 筑坂で行なわれている教育内容の独自性に高等学校のイメージをくつがえされた
  • 競技かるたの力/こころとからだ、手と頭を使う、総合的な力を引き出す
  • 古典に親しむきっかけとしての百人一首の力/自分の好きな一首を持つことの大切さ
  • 競技かるたの人と人とを結びつける力/身振り、しぐさのコミュニケーション能力を高める力
  • 競技かるたで学んだことを将来の進路に結び付けていることに感銘
  • 「小倉百人一首」には現代人の暮らしをみちびくヒントがある
コンテンツ名 小江戸川越フォーラム 「今に生きる江戸のかるた遊び」
収録日 2009年3月13日
講師 発表:筑波大学附属坂戸高等学校かるた部の皆さん

[第1部]、[第3部]
開催:2009年3月13日 会場:川越市博物館(埼玉県川越市)
主催:財団法人エンゼル財団・尚美総合芸術センター
後援:川越市教育委員会 株式会社ジェイティービー(JTB)

[第2部] 特別対談 藤原定家と小堀遠州の美、そして百人一首の魅力
2009年2月20日 遠州茶道宗家(東京都新宿区)にて収録

協力:遠州茶道宗家 社団法人全日本かるた協会
収録映像:著作権者 財団法人エンゼル財団

本コンテンツでは、2009年3月13日、川越市博物館で開催された小江戸川越フォーラム「今に生きる江戸のかるた遊び」(約5時間半)の模様を配信しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る