本文へ

ホーム > 日本の古典 > 百人一首 > 今に生きる江戸のかるた遊び (5)

今に生きる江戸のかるた遊び (5)

今に生きる江戸のかるた遊び (5)

発表 小倉百人一首かるた競技の現在

part1_okumura[1]

奥村準子 筑波大学付属坂戸高等学校教諭

内容


(再生時間 18分22秒)

  1. 「競技かるた」の静かなブーム
  2. 施設の充実
  3. 小倉百人一首文芸苑(嵯峨・歌碑巡り)
  4. サブカルチャーの世界への広がり
  5. ストーン睦美さんの活躍(バンコク)
  6. 海外での「競技かるた」普及事情
  7. 「競技かるた」の魅力
  8. エコロジーなライフスタイルにマッチした江戸のかるた遊び
  9. 高等学校でのかるた教育
  10. 高校での「競技かるた」普及をめざして
  11. 選手としての活動(筑波大学歌留多部所属)
  12. 会場の雰囲気
  13. 埼玉高文連OBたちの活躍
  14. 生涯学習の視点から
  15. 国語科教員としての取り組み
  16. 新しい学習指導要領の改訂ポイント
  17. 「国語総合」での取り組み
  18. 実際の授業のようす
  19. 1年次クラス対抗かるた大会の開催
  20. チョコレート語訳 百人一首
  21. 日本の伝統文化を受け継ぐ子どもたち
コンテンツ名 小江戸川越フォーラム 「今に生きる江戸のかるた遊び」
収録日 2009年3月13日
講師 奥村準子

[第1部]、[第3部]
開催:2009年3月13日 会場:川越市博物館(埼玉県川越市)
主催:財団法人エンゼル財団・尚美総合芸術センター
後援:川越市教育委員会 株式会社ジェイティービー(JTB)

[第2部] 特別対談 藤原定家と小堀遠州の美、そして百人一首の魅力
2009年2月20日 遠州茶道宗家(東京都新宿区)にて収録

協力:遠州茶道宗家 社団法人全日本かるた協会
収録映像:著作権者 財団法人エンゼル財団

本コンテンツでは、2009年3月13日、川越市博物館で開催された小江戸川越フォーラム「今に生きる江戸のかるた遊び」(約5時間半)の模様を配信しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:奥村準子

(筑波大学附属坂戸高等学校 国語科教諭・かるた部顧問)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る