本文へ

ホーム > 子どもと学び > 社会 > 広告の中の森永

広告の中の森永

広告の中の森永

広告が優れている会社に共通していること、それは創業者が持っている精神的エネルギーの強さ。

広告批評の第一人者として知られる天野祐吉さんが語る「広告の中の森永」。そもそも広告とは何か、ひとはなぜモノを買うのか?など、本質的なトピックも織り交ぜながら、明治から戦後までの広告を振り返ります。

講演

内容

  • 広告の名門、森永、サントリー、資生堂
  • 創業者の持っている精神的エネルギーの強さ
  • 大衆の欲望が爆発した20世紀
  • 創業期の森永の広告
  • 顧客から不特定多数の消費者へ
  • 広告の基本的な役目
  • 大正の平賀源内、片岡敏郎
  • 「いいものだね!」(商品力)と「これ好きだね!」(広告力)
コンテンツ名 たばこと塩の博物館 特別展 森永のお菓子箱 エンゼルからの贈り物|展示関連講演会「広告の中の森永」
収録日 2011年11月5日
講師 天野祐吉

場所: たばこと塩の博物館
映像制作: 財団法人エンゼル財団

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:天野祐吉

(コラムニスト)

明治学院大学中退後、創元社、博報堂を経て独立し、1979年に雑誌「広告批評」を創刊。現在はコラムニスト、童話作家として活躍。2007年4月、松山市立子規記念博物館名誉館長に就任。

詳しくはこちら

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る