本文へ

ホーム > 研究紀要 > 魔女(ヴィーナス)はなぜ山羊(パン)を好きなのか

魔女(ヴィーナス)はなぜ山羊(パン)を好きなのか

魔女(ヴィーナス)はなぜ山羊(パン)を好きなのか

公開論文

魔女(ヴィーナス)はなぜ山羊(パン)を好きなのか
―母権制の神々の「非理性の世界」―

J.M.バリーのピーターパンは古代ギリシアの半獣神パンをモデルにし、田園理想郷アルカディアに象徴される人間の自然性の回復、抑圧された非理性の世界と母権制の神々の復権をテーマにしたものであることを、古代から現代までの文学作品と芸術作品を参照しながら検証し、現代におけるレジャー論とレジャー産業の本質を論じる。
学生とともに現代のレジャー論を考える際にで出会ったピーターパンの謎を、ヨーロッパの博物館・美術館めぐりや研究交流を通じて解明してゆく過程を描く。

魔女(ヴィーナス)はなぜ山羊(パン)を好きなのか ―母権制の神々の「非理性の世界」―(PDF形式/1.45MB)
著:松田義幸
国際日本文化研究センター・プロジェクト『魔女の文明史』安田喜憲編より

PDFダウンロードはこちら

  1. 半獣神パンとピーターパンの出会い
  2. 半獣神ピーターパンと葦笛
  3. 愛の勝利 ―Love conqures All
  4. アフロディーテの随伴者エロス
  5. アフロディーテの二つの領分
  6. 「非理性の世界」に対する畏怖・畏敬
コンテンツ名 魔女(ヴィーナス)はなぜ山羊(パン)を好きなのか
公開日 2014年2月12日 (初出 国際日本文化研究センター・プロジェクト『魔女の文明史』安田喜憲編 2004年)
講師 松田義幸
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

松田義幸

尚美学園大学学長・森永エンゼル財団理事。専門分野は生活文化史。日経広告研究所、余暇開発センター研究主幹、筑波大学大学院客員教授等を経て現職。

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る