本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 江藤 裕之

江藤 裕之えとう ひろゆき

長野県看護大学助教授

江藤 裕之

福岡県生まれ。上智大学卒業、ジョージタウン大学(PhD)、上智大学(博士[文学])。精神史、学問史の立場から言語学を研究。リベラル・アーツとしての語学研究を探求。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

世界平和実現に向けた古典教育の大革新

世界平和実現に向けた古典教育の大革新

世界平和を実現するにあたり、古典教育がどのように影響を与えられるか、どのように変化していくべきかを論じたフォーラムが。2015年11月に開催されました。

松田義幸、須賀由紀子、江藤裕之、犬塚潤一郎

古代母権制社会研究の今日的視点

古代母権制社会研究の今日的視点

今日の混迷する世界と社会問題の核心をとらえる、解決の手がかりとして、母系・女家長制の古代母権制社会の根源的宇宙観を思索する。

松田義幸、江藤裕之

桜の話-植物観察の勘どころ

桜の話-植物観察の勘どころ

「桜自身で自分を語るとどうなるか。つまり桜が桜の生き様を語るというのが今日のテーマ」 桜をめぐる自然観察の魅力と初心者への助言。

近田文弘

自然への愛と家族の暮らし

自然への愛と家族の暮らし

「物事の理解は、分類するということと同時に、名前を付けるというがあるのです。」葉っぱの形で植物の名前を覚える植物観察の秘訣。

近田文弘

俳句・Haikuの魅力と子どもへの誘い

俳句・Haikuの魅力と子どもへの誘い

「子供の俳句というのは何がよいかというと、ものの本質を直情でズバッと言い当てるところ」子どもの感性をはぐくむ俳句の力とは?

加藤耕子

オリエンテーリングの魅力と子どもへの誘い

オリエンテーリングの魅力と子どもへの誘い

「曖昧さの中でどう意志決定するか、それ自体が非常に魅力的である」日本選手権15連覇の記録保持者が語るオリエンテーリングの面白さ。

村越 真、須賀由紀子

源氏物語とシェイクスピア作品との対話 (1)

源氏物語とシェイクスピア作品との対話 (1)

比較文学の視点とともに、古典の価値、現代に期待される文学の力について対話。

ピーター・ミルワード、岡野弘彦、渡部昇一、江藤裕之、須賀由紀子、コーディネーター:松田義幸

源氏物語とシェイクスピア作品との対話 (5)

源氏物語とシェイクスピア作品との対話 (5)

比較文学の視点とともに、古典の価値、現代に期待される文学の力について対話。

江藤裕之

「有(有形の現象)」から永遠の「無(本質)」へ

「有(有形の現象)」から永遠の「無(本質)」へ

『易経』の教えに基づけば、私たちの心の目は変化の理を窮めたもの、つまり、変わりゆく(変易の)森羅万象ではなく、その背後にあってなお変化しない(不易の)法則に向けられます。

ウルズラ・リュットン

動物の魂―天使の心・赤い色合いの天使

動物の魂―天使の心・赤い色合いの天使

精神の特性をはぐくみ、肉体よりも精神が打ち勝つ人間となって死を迎えることになれば、人は理性のない感情や憤りへとつながるものをすべて捨て去り、天使の仲間入りをするようになる。

ウルズラ・リュットン

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう はじめに

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう はじめに

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第1回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第1回

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第2回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第2回

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第3回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第3回

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第4回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第4回

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第5回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第5回

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第6回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第6回

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第7回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第7回

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第8回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第8回

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第9回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第9回

「看護を哲学しよう」看護研究や看護実践でよく使われる言葉を取り上げ、その語源や歴史をヒントにしつつ、用語の本質的な部分に触れてみます。

江藤裕之

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る