本文へ

ホーム > エンゼル研究 > 天使とわたし

天使とわたし

天使とわたし

森永エンゼル財団の名前の由来にもなっている、神の使いである天使。
天使とはどのような存在なのか、我々は天使をどのような存在と捉え向き合うべきなのか。

カトリックと深い関わりのある、ピーター・ミルワード イエズス会司祭と、門野泉 清泉女子大学名誉教授が語る、天使の捉え方と想い。

お話:
ピーター・ミルワード イエズス会司祭・上智大学名誉教授
門野泉 清泉女子大学名誉教授・前学長

聞き手:
松田義幸 尚美学園大学理事長・森永エンゼル財団理事

 

天使とわたし

天使をどのようにとらえていますか?

  • ピーター・ミルワード イエズス会司祭
       シェイクスピアの『オセロ』にみる、擬人化された天使と悪魔
       福音書にあらわれる天使
  • 門野泉 清泉女子大学名誉教授
        必要なこと、すべきことを伝えてくださる天使
コンテンツ名 天使とわたし
収録日 2014年7月26日
講師 ピーター・ミルワード、門野泉

会場:上智大学クルトゥルハイム

主催:一般財団法人森永エンゼル財団
協力:上智大学クルトゥルハイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:ピーター・ミルワード

(イエズス会司祭・上智大学名誉教授・同大学ルネッサンス研究所所長)

講師:門野 泉

(清泉女子大学名誉教授・前学長)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る