本文へ

ホーム > グレート・ブックスとは > グレート・ブックスへの誘い > 看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第5回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第5回

看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう 第5回

eto_ph1

第5回 事実と現実(前半)


(再生時間 25分55秒)

  1. 人間行動の why を解く糸口
  2. 生きている現実
  3. 「もの」という意味に由来する real

第5回 事実と現実(後半)


(再生時間 26分36秒)

  1. 「行為」には意味がある
  2. それ自体として存在するものと存在しないもの
  3. 事実と現実のバランス
コンテンツ名 森永エンゼルカレッジ 研究紀要 看護・ことば・コンセプト-看護を哲学しよう
収録日 2005年2月27日
講師 江藤裕之
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:江藤裕之

(長野県看護大学(外国語講座)助教授)

1963年福岡県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。学部在学中にミュンスター大学(ドイツ)留学。上智大学大学院にて社会学、英米文学の修士課程を終了後、2000年ジョージタウン大学(アメリカ)よりPhD(ゲルマン言語学)、2002年上智大学より博士(文学)取得。現在、長野県看護大学外国語講座助教授。

詳しくはこちら

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る