本文へ

ホーム > 家族 > 戦後子ども文化史 > 戦後子ども文化史(2) 子ども文化とサブカルチャー

戦後子ども文化史(2) 子ども文化とサブカルチャー

戦後子ども文化史(2) 子ども文化とサブカルチャー

子どもは常に時代・社会の関数である。
子ども文化を考察することでその時代の様相を知ることができる。

戦後の子ども文化史。第2回目の今回は、子ども調査研究所主任研究員の近藤純夫さんのお話です。子ども文化とサブカルチャーをテーマに、戦後の社会とメディアの移り変わりをふりかえりながら、子どもたちの意識の変化を考えます。

PDFダウンロードはこちら
当日配布レジュメ(PDF形式・150KB)

part1

戦後子ども文化史を考えるに当たって

  • 子どもの定義
  • 遊びの定義
  • 子どもとサブカルチャー
  • なぜ「戦後」なのか

part2

子ども戦後史の概観 その1

  • 「戦後50年のおもなできごと」(少年朝日年鑑付録、1995年)
  • 占領下の配給生活
  • スポーツでアメリカに勝つことに驚喜した時代
  • 当時のメディアは口コミ
  • 行列があれば並ぶ
  • もはや戦後ではない
  • ようやくファッションの時代へ
  • 漫画週刊誌の創刊
  • 200万世帯にテレビが普及

part3

子ども戦後史の概観 その2

  • テレビの普及と親や教師の権威の下落
  • サブカルチャーのはじまり
  • 長島茂雄の人気は高度成長期のモラルと一致していた
  • マクドナルドが子どもの心をつかんでいた時代
  • 石油ショック 優雅に生きることへの価値の転換
  • 努力して偉くなるという価値観の衰退
  • ITのメディアが既存のメディアに代わる
  • 全部がサブカルチャーの時代に
  • 年齢差が問題ではなくなる

part4

インターネット以降世代

  • 2000年代以降、時代のステップがなくなり、フラットに
  • 微差で歴史を語る時代
  • なぜ「子ども」と書くか。子供の「供」の意味
  • ゲームプログラムのバグがサブカルチャーの入口
  • バグや隙があることが重要 完璧な教育者はだめ
  • 遊びの大切さ
コンテンツ名 森永エンゼル財団主催 「戦後子ども文化史」第2回
収録日 2013年5月11日
講師 近藤純夫、司会:橘川幸夫

場所:高円寺コモンズ
主催:一般財団法人森永エンゼル財団
運営:子どもコミュニケーション研究会

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る