本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 近田 文弘

近田 文弘こんた ふみひろ

国立科学博物館名誉研究員

近田 文弘

1941年新潟県生まれ。京都大学大学院理学研究科修了。理学博士。国立科学博物館植物研究部室長など歴任。専門は植物分類学で種子植物の系統分類、植物相の研究が主。その他、博物学、樹木学、植生学、民族植物学、景観学、環境科学、地球環境論、自然保護、自然観察など幅広く関心を寄せる。山野の押し葉標本を収集。自らの足で歩いて、自然を「観る」ことを推奨する。
平成19年より、皇居吹上御苑の自然観察会講師として皇居の森を案内している。
近著に『皇居吹上御苑、東御苑の四季』(NHK出版)『伊豆須崎 海岸草木列伝』(トンボ出版)など。子ども向けの自然観察絵本に『草の名前が葉っぱでわかる』(大日本図書)など。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

高尾山の森をみる パート2 テーマ別編

高尾山の森をみる パート2 テーマ別編

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズの高尾山。テーマ別に編集しました。

近田文弘

高尾山の森をみる

高尾山の森をみる

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。今回のフィールドは東京都の西に位置する高尾山。貴重な自然を残す高尾山の森を観察してみましょう。

近田文弘

里山入門(2)-エンゼルの森フォーラム

里山入門(2)-エンゼルの森フォーラム

「楽しみながら里山を守ろう。」 日本の森林、里山、生物多様性をテーマに、エンゼルの森(三重県)でミニフォーラムを開催しました。

近田文弘、河邉誠一郎、松田義幸

里山入門(1)-近年注目されてる「里山」とは?

里山入門(1)-近年注目されてる「里山」とは?

生物多様性の観点から、近年注目されている「里山」の自然と環境。 「里山とは何か」、植物学者の近田文弘先生にご案内をいただきながら、三重県伊賀市にあるエンゼルの森を訪れました。

近田文弘

新宿御苑の冬の樹木

新宿御苑の冬の樹木

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。今回のフィールドは都会のなかの公園、新宿御苑。 ここにしかない『たから物』の樹木も観察しましょう。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (1)

自然がどんどん見えてくる (1)

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (2)-冬の海岸植物

自然がどんどん見えてくる (2)-冬の海岸植物

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (3)-春の海岸植物

自然がどんどん見えてくる (3)-春の海岸植物

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (4)-夏の海岸植物

自然がどんどん見えてくる (4)-夏の海岸植物

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (5)-秋の海岸植物

自然がどんどん見えてくる (5)-秋の海岸植物

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

桜の話-植物観察の勘どころ

桜の話-植物観察の勘どころ

「桜自身で自分を語るとどうなるか。つまり桜が桜の生き様を語るというのが今日のテーマ」 桜をめぐる自然観察の魅力と初心者への助言。

近田文弘

自然への愛と家族の暮らし

自然への愛と家族の暮らし

「物事の理解は、分類するということと同時に、名前を付けるというがあるのです。」葉っぱの形で植物の名前を覚える植物観察の秘訣。

近田文弘

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る