本文へ

ホーム > 西洋の古典 > トマス・アクィナス『神学大全』 > 稲垣良典 トマス・アクィナスに学ぶ

稲垣良典 トマス・アクィナスに学ぶ

稲垣良典 トマス・アクィナスに学ぶ

中世哲学を集大成したトマス・アクィナス。
彼が著した『神学大全』の核心とは何か。われわれ現代人はそこから何を学ぶことができるのか。

中世哲学の第一人者、稲垣良典 九州大学名誉教授が語るトマス哲学の魅力と現代人へのメッセージ。

お話:稲垣良典 九州大学名誉教授

聞き手:
犬塚潤一郎 実践女子大学教授
片山 寛 西南学院大学教授
松田義幸 尚美学園大学学長・森永エンゼル財団理事

<第1部> わたしとトマス哲学
<第2部> 『トマス・アクィナス「神学大全」』(稲垣良典著 講談社選書メチエ)を読む

<第1部> わたしとトマス哲学

第1回  中世哲学との出会い

  •  高等学校の学生時代に、岩下壮一神父の『信仰の遺産』を読む
  • ジルソンの書物などを通じて中世哲学への関心が深まる
  • 東大でトマス哲学を研究する
  • 助手として南山大学へ行く
  • 今道友信先生のこと
  • アメリカに留学し最新のトマス研究にふれる

第2回 グレートブックスとトマス・アクィナス

  • 中世哲学の核心が落丁して輸入された西洋哲学
  • 自然法と日本国憲法
  • ロールズ先生との議論
  • グレートブックスとトマス・アクィナス
  • ヨゼフ・ピーパー先生との出会い

第3回 目に見えないものを感じるちから

  • 法について ―自然法と実定法―
  • 目に見えないものを感じるちから
  • ほんとうに善いものへのあこがれをもつ
  • 人間には限界を超えて何かを受け入れるキャパシティがある

第4回 トマス・アクィナスと新プラトン主義

  • パリ大学におけるトマス・アクィナス
  • トマスと新プラトン主義
  • exitus (出ていくこと)とreditus (帰っていくこと)
  • 繰り返し自分の中に立ち返る

第5回 トマス哲学における自然法

  • トマス哲学における自然法
  • 価値の多様性はよいことか

第6回 国家と人間 ~ジャック・マリタンの哲学~

  • 国民主権とは何か ―人権の基礎と自然法―
  • 哲学者は流れに逆らって泳ぐ
  • 晩年のジャック・マリタン

<第2部> 『トマス・アクィナス「神学大全」』
(稲垣良典著 講談社選書メチエ)を読む

第7回 はじめに|『神学大全』をどう読むか

第8回 第1章|挑戦の書としての『神学大全』

第9回 第2章|神の問題 -「5つの道」の意味

第10回 第3章|「交わり・即・存在」―人格(ペルソナ)のパラドックス

第11回 第4章|創造と宇宙論
―トマスの「創造概念の三段階の展開」―

  • 創造と宇宙論
  • 無からの創造について
  • 創造は関係である
  • 創造と救い
  • 参考資料:第四章 創造と宇宙論(PDF形式ファイル)

第12回 第5章|「悪」の問題

  • アウグスティヌスの問い
  • 善・悪二元論について
  • 世界の創造と悪の問題
  • 悪は善の欠如である
  • 善き意志と悪からの解放
  • 参考資料:第五章 「悪」の問題(PDF形式ファイル)

第13回 第6章|すべての人が幸福を欲しているか?

第14回 第7章|トマスの政治哲学 ~「共通善」の復権~

より深く学ぶために ―参考図書―

books[1]

今回の企画に関連する稲垣先生のご著書をご紹介します。

参考書
1.『トマス・アクィナス<神学大全>』講談社選書メチエ2009
2.『人間文化基礎論』長崎純心大学学術叢書/九州大学出版会2003
3.『問題としての神―経験・存在・神―』長崎純心レクチャーズ/創文社2002

コンテンツ名 トマス・アクィナス『神学大全』 全巻邦訳完成記念インタビュー 稲垣良典 トマス・アクィナスに学ぶ
収録日 2013年2月27日~3月1日
講師 稲垣良典

会場:カトリック福岡黙想の家

主催:一般財団法人森永エンゼル財団
協力:カトリック福岡黙想の家

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:稲垣 良典

(長崎純心大学大学院教授・九州大学名誉教授)

講師:犬塚 潤一郎

(実践女子大学生活文化学科教授)

講師:片山 寛

(西南学院大学神学部神学科教授)

講師:松田 義幸

(尚美学園大学学長)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る