講師プロフィール

犬塚 潤一郎いぬつか じゅんいちろう

実践女子大学現代生活学科教授

犬塚 潤一郎

大学院時代に起業し成長期のIT産業に従事してきたことから、実践面ではネットワーク型の企業組織、地域経営を研究領域としてきた。基礎にあるのは、思想のポストモダン・モデルと現実社会との対応を問うこであり 、メディア技術をその現れとして研究してきたが、近年は、実践的な環境思想の構築に焦点を当てている。環境と人間存在の相互関係としての風土を問うことは、人間存在や文化の基本構造に関心を向けるだけでなく、グローバル化や環境問題などの現実課題に対応する方法であると考えている。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

東北里山イニシアティブ 3Fフォーラム@東北

「3Fフォーラム東北」が 2014年3月27日に山形市文翔館で開催されました。被災地からの報告、再生可能エネルギーと農業、そして宮沢賢治の詩に作曲家「坂田晃一」先生が作曲した「宮沢賢治の三つの風景」が演奏されました。

子ども大学かわごえの革新

小中高校や大学の機能不全、学校と教育の危機が広く問題にされてきたなかで、従来の教育の枠組み・制度を越えた、新しい試みが生まれています。ドイツにはじまった「子ども大学」です。

pagetop