本文へ

ホーム > 日本の古典 > ;源氏物語全講会 > 第8回 「桐壺」より その7

源氏物語全講会 | 岡野弘彦

源氏物語全講会

第8回 「桐壺」より その7

机上の椿の花を見て、彼岸花の話題になる。母に似ているという藤壺に源氏はなつかしさを感じる。そんな二人を弘徽殿の女御は不愉快に感じる。源氏は十二で元服する。

はじめに

・壱師(いちし)の花をめぐって

・稲作文化と彼岸花について

「なづさひ」という言葉

 母みやす所も、かげだにおぼえ給はぬを、「いとよう似給へり」と、内侍のすけの聞えけるを、若き御こゝちに、いとあはれ、と思ひ聞こえ給ひて、常に参らまほしく、なづさひ見奉らばや、と、おぼえ給ふ。

うへもかぎりなき御思ひどちにて、(主上)「なうとみ給ひそ。

 うへも、かぎりなき御思ひどちにて、(主上)「なうとみ給ひそ。あやしくよそへ聞えつべきここちなむする。なめしとおぼさでらうたくし給へ。つらつきまみなどは、いとよう似たりしゆゑ、かよひて見え給ふも似げなからずなむ」など聞えつけ給へれば、をさなごゝちにも、はかなき花もみぢにつけても、心ざしを見え奉る。こよなう心よせ聞え給へれば、弘徽殿の女御、またこの宮とも御なかそばそばしきゆゑ、うちそへて、もとよりの憎さも立ちいでて、ものし、とおぼしたり。

よにたぐひなしと見奉り給ひ、名だかうおはする宮の...

 よにたぐひなしと見奉り給ひ、名だかうおはする宮の御かたちにも、なほにほはしさはたとへむかたなくうつくしげなるを、世の人、光る君と聞こゆ。ふじつぼ並び給ひて、御おぼえもとりどりなれば、かゞやく日の宮と聞こゆ。

この君の御わらはすがた、いとかへまうくおぼせど、十二にて御元服し給ふ。ゐたちおぼしいとなみて、限りある事に、事を添えさせ給ふ。ひとゝせの東宮の御元服、南殿にてありし儀式、よそほしかりし御ひゞきにおとさせ給はず、ところどころの饗など、くらつかさ穀倉院など、おほやけごとにつかうまつれる、おろそかなる事もぞ、と、とりわき仰せごとありて、きよらを尽くして仕うまつれり。

おはします殿のひんがしの廂、ひんがし向きに椅子立てて

 おはします殿のひんがしの廂、ひんがし向きに椅子立てて、冠者の御座、引入のおとどの御座、おまへにあり。さるの時にて源氏まゐり給ふ。みづら結ひ給へるつらつき顔のにほひ、さま変へ給はむこと惜しげなり。大蔵卿くらびと仕うまつる。いと清らなる御ぐしをそぐほど、心ぐるしげなるを、うへは、みやす所の見ましかば、と、おぼしいづるに、堪へがたきを、心づよく念じかへさせ給ふ。
かうぶりし給ひて、御休み所にまかで給ひて、御ぞ奉りかへて、おりて拝し奉り給ふさまに、みな人なみだ落し給ふ。みかど、はた、ましてえ忍びあへ給はず。おぼしまぎるゝ折もありつる昔の事、とりかへし、悲しくおぼさる。

いとかうきびはなる程は、あげおとりや、と

 いとかうきびはなる程は、あげおとりや、と、疑はしく思されつるを、あさましう、うつくしげさ添ひ給へり。

コンテンツ名 源氏物語全講会 第8回 「桐壺」より その7
収録日 2001年10月18日
講師 岡野弘彦(國學院大學名誉教授)

講座名:平成13年秋期講座

収録講義映像著作権者:実践女子大学生活文化学科生活文化研究室

このエントリーをはてなブックマークに追加

「源氏物語巻名歌」から

プロフィール

講師:岡野弘彦
(国学院大学名誉教授)

歌人。大正13年(1924年)、三重県に生まれる。國學院大學国文科に在学中より折口信夫に学び、雑誌「鳥船」に参加。折口の没年まで師事する。 昭和42年、処女歌集「冬の家族」で現代歌人協会賞を受賞。昭和54年から宮中歌会始の選者を努める。
詳しくはこちら

ページのトップへ戻る