本文へ

ホーム > これまでの活動 > 特別フォーラム 「芭蕉生誕350年記念国際文化シンポジウム」 共催

1994年10月22日

特別フォーラム 「芭蕉生誕350年記念国際文化シンポジウム」 共催

洋の東西を問わず、自然は畏怖畏敬の対象であった。現代の我々は、詩に詠われた言葉を介して、そうした古代の人々の心に思いを寄せることができる。その意味を、キリスト教史以前の古代ゲルマン人の文化に対比させながら、西行の和歌、芭蕉の俳句の世界にみる。

講演1:
カール・シュナイダー ミュンスター大学名誉教授
講演2:
ヘルムート・ギッパー ミュンスター大学教授

鼎談:
久保田展弘 宗教学者
渡部昇一 上智大学教授
松田義幸 筑波大学客員教授(司会)

主催:庄内地方拠点都市地域文化推進事業実行委員会 他
共催:財団法人エンゼル財団 他

ページのトップへ戻る