本文へ

ホーム > スタッフブログ エンゼルカレッジ広報部 > 第1回東北ユースオーケストラコンサート

スタッフブログ エンゼルカレッジ広報部

第1回東北ユースオーケストラコンサート

2016年4月4日 10:10

3月26日(土)に開催された東北ユースオーケストラ第一回演奏会に行ってきました。

このコンサートには森永エンゼル財団も協賛しています。
財団は、『森の絵本』の読み聞かせとプレゼント活動を通して、東北の子どもたちを応援してきました。
さらに、東日本大震災の被災地の幼稚園・小・中・高校に対し楽器関連の復興支援を行っている「こどもの音楽再生基金」を知り、その活動に賛同し、2014年に開催された「School Music Revival 2014」を支援する活動も行いました。
そして、「こどもの音楽再生基金」は「東北ユースオーケストラ」の活動に引き継がれました。

会場の入り口は混雑し、ホワイエは熱気に包まれていました。
キョロキョロしていると弦の響きが伝わってきました。
数人の中高校生が演奏していました。
音楽会場の興奮が盛り上がってきます。
開演時間になると、100名を超す小学生から大学生の子どもたちが登場。大きな拍手。
指揮者の柳澤寿男さん、音楽監督でピアノ演奏の坂本龍一さんが現れると、更に拍手は高まります。

濃密な2時間半。
子どもたちの演奏に感動し、
坂本さんのピアノに陶酔し、
吉永小百合さんの朗読に感銘し、
山下洋輔さんの「ラプソディ・イン・ブルー」に圧倒されました。
渡辺真理さんの司会も見事でした。

最後の挨拶で坂本さんが
「素人の子どもたちとは思えない演奏でした。」
と、熱く語りました。

オーディションを行わずに、希望者全員が参加したコンサート。
それまでの練習を仕上げるための演奏会前三日間の合宿。
全員が合宿場から演奏会場に到着し、合宿四日目が本番。
技術を越える迫力がありました。

(せい)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ戻る