本文へ

ホーム > スポーツ > オリンピアン・谷川聡准教授が探る > アスリートに聞く-後藤正規(バスケットボール)

アスリートに聞く-後藤正規(バスケットボール)

アスリートに聞く-後藤正規(バスケットボール)

トップアスリートが語る「スポーツと自分」。
勝ち負けや結果の向こうにある、より本質的なスポーツの魅力に
ロングインタビューで迫ります。

今回、お話をお聞きするのは、バスケットボール元日本代表の後藤正規さん。
現役時代はチームメートから「シュートの職人」と頼られ、いまもバスケットボールファンのあいだで「伝説のシューター」と呼ばれています。
常に高みを目指し、自らを磨いてきた後藤さんにとって、「スポーツと自分」とは ―

syugo_01

バスケットボールとの出会い
小学、中学、高校そして大学のバスケ部へ


(再生時間 11分22秒)

後藤さんのバスケットボールとの出会いは小学生の時。
新しく赴任してきた先生に強引にスカウトされたのがきっかけ。

「その先生と出会っていなければバスケットボールは やっていなかった」

  • いろいろなスポーツに取り組んだ幼少期
  • はじめての試合で大敗/その悔しさが原動力に
  • ロングシュートが楽しい/シューターとしての原点

実業団の選手として
「本当の自分」との出会い、そして引退の決意


(再生時間 8分42秒)

思い通りのプレーが出来るようになったのは意外にも20代後半。
実業団での活動を通しての成長過程について。自己意識の高まり。

「上手くなりたいという思いが全ての原点。30歳を過ぎて上手くなる選手もいる」

  • 自分のプレーを模索していた20代前半
  • 何歳になっても上手くなれる/20代後半シューターとしての成長
  • “バスケットボール観”は年齢を経ないと養えない
  • 引退へ/自分のプレーに違和感

バスケットボール技術
後藤流シューティング論とスランプ脱出法


(再生時間 10分14秒)

上手くなるためにどんな努力をされたのでしょうか?
シュートが入らないスランプのときの対策は?

「シュートがダメだった試合の後は、何も考えずにひたすら打ちます」

  • シュートの動作は下半身から/しっかり止まってシュートを打つ
  • はいったシュートでも納得できないシュートがある
  • 自分の感覚に敏感になるために「何も考えずに」打つ
  • シュートの鍵をにぎる人差指の指先感覚
  • シュートが不調の時は、正面・左右・後ろにビデオカメラをおいて自己分析

選手としての資質
トップシューターとして必要なものとは?


(再生時間 4分35秒)

優れたシューターに求められるものは何か?
後藤さんの考えるトップシューターとしての資質。

「鈍感な人は良いシューターになれないと思うんです。入らなかったシュートには原因があります。どこがおかしかったのか、自分の感覚で修正できないとダメです」

  • 最初はうまいひとのまねをすることから
  • 一流シューターの共通点/フォームの美しさ
  • シューターには鋭い感性が必要
  • 子ども達には「競技に走らない」ことをすすめたい。まずは「楽しさ」を味わって

アイシンのキャプテンとして
結果とともに上昇するモチベーション


(再生時間 4分54秒)

キャプテンとしてチームを率い、弱小チームから常勝チームへの変革に貢献。
強くなるためには選手同士がぶつかり合うことも大切だという。

「時にはコーチも含めてぶつかり合いながら、コミュニケーションをとる」

  • モチベーションの加速/結果が伴うようになると個々の意識も高くなってくる
  • チームメートとの絆/バスケットができることへの感謝が基本
  • 問題があれば当事者同士で話し合う
  • 外国人選手とのコミュニケーション術

コーチング
自分が教える立場になってみて思うこと


(再生時間 7分25秒)

現在は教える立場にある後藤さん。
自らの選手時代と比較しながらの感想、そしてジュニアクラスのコーチングについて伺いました。

「早い段階でさまざまな他競技のトップアスリートと出会うことが重要」

  • 子供達には遊び感覚でバスケットの楽しさをつたえたい
  • 有能感 ― 最初はとにかくほめることからはじめる
  • きっかけとしての成功体験を子供にもたせることが大切

現役時代の日々の生活
トップアスリートの日常生活


(再生時間 7分02秒)

トップシューターとして現役生活を送ってきた後藤さん。
アスリートとしての日常生活について。

「朝起きた時ってやっぱり大事ですね。気分ではなく感覚の問題として」

  • 食事は好き嫌いせずバランスよく
  • 練習は1日3回、チーム練習とセルフ練習
  • 1ゲーム終わると体重が3kg落ちる
  • バスケットシューズの選び方/シューズは1カ月もたずに交換する
  • 怪我をしなかった理由
  • つねに爪の長さを一定に保ち、マニキュアを塗る

バスケットを見る視点
選手から見たおススメポイント


(再生時間 2分28秒)

バスケットはここを見ると面白いというポイント。

「シュートを決めた人は確かにすごい。でもそこにはパスを供給するひとや、シューターをフリーにするために動くひと、邪魔にならないために我慢して止まっているひとがいる。そういうひとたちの協力が美しいと思います」

  • “1つのボールをどうやって工夫してリングに入れるのか”、ということがバスケットを見るポイント
  • ボールを追うのではなく、ボールのないところでどんな動きがあるのかを見てほしい
  • シュートを打つためにアシストする「黒子」の姿が美しい

dvd_1

DVD『後藤正規のシューティング・スキル GOTO’s Shooting Skills by Goto Masaki 』 
全2巻 (特定非営利活動法人 スポーツ指導者支援協会)

「シュートの職人」とも言うべき、元日本代表の後藤正規氏を迎えて行われた、シュートに関する座学&実技講習会(全4時間分)を収録

コンテンツ名 森永エンゼル財団/スポーツフォーラム 後藤正規コーチロングインタビュー
収録日 2009年1月13日
講師 後藤正規、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

収録:森永プラザビル(東京・港区)
制作著作:財団法人エンゼル財団

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:後藤正規

(東海大学バスケットボール部アシスタントコーチ)

聞き手:谷川聡

(筑波大学大学院人間総合科学研究科講師)

聞き手:須賀由紀子

(実践女子大学生活科学部生活文化学科准教授)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る