本文へ

ホーム > 研究紀要 > 脱産業社会に向けての課題(5)

脱産業社会に向けての課題(5)

脱産業社会に向けての課題(5)

公開論文

脱産業社会に向けての課題(5)
―「日本人の生きがい構造」研究の自分史―

1976年4月にベルギーで開催された国際レジャー会議からは非常に参考になることを得た。
今後は労働からレジャーへと軸足を移そうという段階にあって、レジャー問題の核心が、労働問題、労働に人間化と表裏になっていることが理解できたからである。
会議の中心課題は「自由時間と生きがい」であったが、余暇開発センターでも、「日本人の生きがい構造」の研究を進めていた。
中でも、神谷美恵子、島崎敏樹、両教授の「生きがい」構造論を紹介し、労働生活と生きがい充実度の関係、および国際会議のレジャー憲章提案を報告する。

脱産業社会に向けての課題(5) ―「日本人の生きがい構造」研究の自分史―(PDF形式/3MB)
著:松田義幸
実践女子大学 生活科学部紀要第 42号,130~145,2005 掲載

PDFダウンロードはこちら

  • はじめに
  • 神谷美恵子教授の「生きがい」構造論
  • 島崎俊樹教授の「生きがい」構造論
  • 労働生活と生きがい充実度の関係
  • 国際会議のレジャー憲章の提案
  • まとめ―学習社会の実現に向けて―
コンテンツ名 脱産業社会に向けての課題(5) ―「日本人の生きがい構造」研究の自分史―
公開日 2014年2月12日 (初出 『実践女子大学 生活科学部紀要第42号』 2005年)
講師 松田義幸
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

松田義幸

尚美学園大学学長・森永エンゼル財団理事。専門分野は生活文化史。日経広告研究所、余暇開発センター研究主幹、筑波大学大学院客員教授等を経て現職。

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る