本文へ

ホーム > 自然 > 植物学者・近田先生が語る > 里山入門(1)-近年注目されてる「里山」とは?

里山入門(1)-近年注目されてる「里山」とは?

里山入門(1)-近年注目されてる「里山」とは?

近年注目されている
「里山(さとやま)」とは?

生物多様性の観点から、近年注目されている「里山」の自然と環境。
「里山とは何か」、植物学者の近田文弘先生にご案内をいただきながら、三重県伊賀市にあるエンゼルの森を訪れました。

ポイント

1) 雑木林と人工林はどう違うか。
2) 雑木林は人間の暮らしとどう結びついているか。
3) 人工林の樹木はなぜまっすぐなのか。

 

コンテンツ名 森永エンゼル・カレッジ子育て支援研究フォーラム 「里山入門」
収録日 2010年9月12~13日
講師 近田文弘

場所: 三重県伊賀市 エンゼルの森
制作: 財団法人エンゼル財団

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:近田文弘

(国立科学博物館名誉研究員)

1941年新潟県生まれ。京都大学大学院理学研究科修了。理学博士。国立科学博物館植物研究部室長など歴任。専門は植物分類学で種子植物の系統分類、植物相の研究が主。 詳しくはこちら

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る